ホーム » THE21 » インタビュー » 無料の英語マンガでTOEIC900点獲得

無料の英語マンガでTOEIC900点獲得

2016年02月19日 公開

中村一也(評論家)

英語の語彙を増やすには「マンガ」が最適

 

大手金融機関の社員時代、さまざまな英語教材にトライしたものの、どれも続かなかったと話す中村一也氏。そんな中村氏がTOEIC900点を取るまでに英語力を高めることができたのは、「無料で読める英語マンガのおかげ」だったと言う。《取材・構成=林加愛、写真撮影=長谷川博一》

 

単語帳を覚え込むのは苦痛以外の何物でもない

多くの人にとって英語学習が楽しくない、苦行のように感じてしまう最大の要因は、「語彙」と「音」だと私は考えます。単語を覚えられない、音を聴き取れないという二重苦のために、挫折する人が多いのです。

これは、考えてみれば当然のことです。「Test Your Vocabulary」というサイトが2013年に行なった調査によると、ネイティブの語彙力は子供でも約一万語、成人は20,000~35,000語だそうです。

この膨大な量を、単語帳で無理矢理暗記するのが楽しいはずはありません。多忙なビジネスマンは、仕事の後にそんな勉強をする元気などないでしょう。実は私自身も、ありとあらゆる教材を買い込み、試してみたものの、どれも長続きしなかったという経験があります。

そんな私がたどり着いた「楽しい教材」とは、マンガでした。マンガで語彙を増やし、後述する「リピリス」という方法で音に慣れる。これが最善だと発見したのです。
その結果、5カ月後にはTOEIC九百点を突破。1年後には映画を字幕なしで観られるようになりました。

 

ネットの無料マンガが最適ツールである理由

数ある英語のマンガの中でも、私が活用したのは、ネット上やアプリで無料で読めるマンガでした。たとえば、「マンガボックス」。さまざまな連載マンガを日本語、英語、中国語で読むことができ、一度インストールすれば、使用言語の設定を切り替えるだけで簡単に英語版を読むことができます。

もちろん、有名マンガであれば英語版が出ていますから、それを買うという手もあります。しかし、1冊1,000円以上かかるものも多く、巻数の多いものとなると少々負担です。また、有名マンガの場合はすでにストーリーを知っているケースが多く、「先が読みたい」という気持ちになりにくいでしょう。

その点、「マンガボックス」なら無料で、かつ連載形式ですから、必然的に「早く先が読みたい」という気持ちになります。それ以外にも無料のマンガが読めるツールがあるので、以下にいくつかご紹介します。

 

中村氏お勧め!無料で読める英語マンガ

■マンガボックス
DeNAが2013年より開始した無料マンガ配信サービス。「言語設定」を「英語」にするだけで、多くのコンテンツが英語で読める。人気漫画家の作品も多く、ジャンルも学園もの、SF、スポーツものなど多種多彩。

■『ブラックジャックによろしく』
言わずと知れた医療マンガの傑作。2012年に原作者・佐藤秀峰の意思により著作権がフリー化されたため、ネット上でもアプリでも無料で読める。全13巻を読破すれば、10万語を読んだ計算になる。

■GoComics
スヌーピーの登場する『ピーナッツ』など、海外の無料で読めるマンガが観られるアプリ。IT企業に勤める主人公の笑える3コマ漫画『Dilbert』はビジネス英語を学ぶのにも最適。

次のページ
単語は意味だけでなく「語源」に注目する >



著者紹介

中村一也(なかむら・かずや)

評論家

1986年、京都府生まれ。京都大学経済学部卒業後、日系大手金融機関に入社。独自の英語学習方法を編み出し、わずか5カ月の英語学習期間でTOEIC900点を突破、1年後には映画の英語が聞き取れ、ほとんど不自由なく英会話ができるまでに。現在は独立し、独自の視点からビジネスや英語学習に関する評論活動を展開。著書『僕が無料の英語マンガで楽にTOEIC900点を取って、映画の英語を字幕なしでリスニングできるワケ』(扶桑社)は、Amazonの英語学習法、英語リスニング等のカテゴリで長期間にわたってベストセラー1位を獲得。

THE21 購入

12月号

The21 12月号

発売日:2019年11月09日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

「会社のための勉強」では英語は身につかない!

大谷弘子(日本ケロッグ合同会社執行役員)

英語を楽しむ! お勧めアプリ7選

THE21編集部

英語の壁は「使って楽しむ」ことで乗り越えられる

小暮真久(TABLE FOR TWO International代表)
DRAGON JAPAN 龍の日

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
DRAGON JAPAN 龍の日
×

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。