ホーム » THE21 » インタビュー » 40代ブレイクの秘訣は「自分を客観視すること」

40代ブレイクの秘訣は「自分を客観視すること」



2016年03月29日 公開

大久保佳代子(タレント)

「何を求められているかを探って、きちんとそれに応えるだけです」

 テレビで見ない日はないほど大活躍中の大久保佳代子さん。彼女が大きくブレイクしたのは、今から4年ほど前、40歳を迎えた頃だ。15年間もOLと芸人の二重生活を送っていたにもかかわらず、なぜブレイクできたのか? 「40歳からのブレイク」の理由に迫る。

 

「根拠のない自信」で芸人を諦めなかった

 22歳でデビューを飾るも、相方の光浦靖子さんだけが売れ、自分にはあまり仕事がなかった大久保さん。その頃をこう振り返る。

「デビュー直後の自分は、トーク力もなければキャラもできていなくて、明らかに実力不足でした。だから、光浦さんだけが売れても、『なんであいつだけ』とは思わなかったですね。仕方がない、と。だから、まずは生活のために就職をして、お笑いライブに出たり、小劇場で演劇をしたり、自分のできることをしていました。ただ、テレビはあまり見ないようにしていましたね。やっぱり、相方が活躍しているのを見るとモヤモヤするので」

 就職をすれば、芸能界は諦めるのが普通だろう。ところが、大久保さんには、引退する気はまるでなかった。

「まだ何もやっていないし、このままで終わるはずがない。そんな根拠のない自信を持っていたんです。だから、『二足のわらじを履いて苦労したね』とよく言われるのですが、全然そんなことはありませんでした。会社とお笑いとの両方に逃げ道があるから、むしろラクでしたよ」

 

次のページ
求められたことを「尻軽」にやる >



著者紹介

大久保佳代子(おおくぼ・かよこ)

タレント

1971年、愛知県生まれ。千葉大学卒業後、92年、お笑いコンビ「オアシズ」でデビュー。現在、数多くのバラエティー番組で活躍中。

THE21 購入

2020年12月号

The21 2020年12月号

発売日:2020年11月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

「見栄」を手放せば何事にも動じない心が手に入る!

蛭子能収(漫画家/タレント)

40代で「人生大逆転」できる人の条件

テリー伊藤(プロデューサー・タレント)

40代からの人脈作りに必要なものは?

山本真司(経営コンサルタント)

日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。

×