ホーム » THE21 » トピックス » 働けども働けどもGDPハアガラズ……(ウズベキスタン)

働けども働けどもGDPハアガラズ……(ウズベキスタン)

2016年03月14日 公開

<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち(7)石澤義裕(デザイナー)

実は中央アジア一の働き者。だけど……

ユートピアを探し求めて道に迷った、旅夫婦です。
等身大のノマドとして、死なない程度に日銭を稼いで10年と少々。
660ccの軽自動車にベッドを取り付け、稚内からシベリアを駆け抜けて蒼きシルクロードを横断中。
氷点下の車中泊では、妻Yukoと足の裏を合わせて寝ています。

 

いまだ「ソ連」が健在な国


食堂の店主。手にしているのは、羊の焼き飯「プロフ」。一杯100円。

世界にたった2カ国しかない二重内陸国のひとつ、ウズベキスタン。報道の不自由度ランキングで、北朝鮮の次にランクインする束縛系緊縛国家です。

名だたる人権団体から、本人に無断で不妊手術する人口抑制策を諌められ、不当逮捕、信教、言論の侵害を訴えられる独裁系。

国連拷問等禁止条約に署名していますが、反体制新聞社の編集者に電気ショックをかけたり、疑わしき者を生きたまま釜茹でにしたり、イギリスのテロリストを預かって自白強要を請け負う商魂。拷問による自白でも、証拠として採用する裁判制度です。

また公務員と政治家の腐敗認識指数では、179カ国中175位の上位入賞。
腐臭ぷんぷんたる政治家の号令のもと、いまだにソ連に押し付けられた綿花栽培に励みます。

そもそも綿花栽培に向いていない、降水量の少ない土地。アラル海を干上がらせてでも強引に水を引っ張ったため、あの「20世紀最大の環境破壊」と相成ったのですが、あまり気にしている様子はありません。

綿花の収穫時は、学生、教師、公務員が「ボランティア」として働く国家総動員態勢です。1日の収穫ノルマは、最低60キログラム。

ボランティアの粉骨砕身が実を結び、綿花の生産量は世界第6位に輝きます。
児童強制労働のかどで、100社を超える企業から「ウズベキスタン産の綿を使用しない」とボイコットされています。

 

「対立候補すら投票してしまう」無敵の大統領


干上がったアラル海。船の墓場と牛。

拷問と強制労働で自由のないウズベキスタンにおいて、自由奔放に人生を謳歌しているのが、大統領のイスラム・カリモフ氏です。

アメリカから5億ドルもの援助を受け取っても、干渉されればすぐに米軍を追い出すアグレッシブな外交力。
独立してから25年、その座を「狙われた」ことすらありません。

居眠りを放映されて国営テレビの総裁をクビにする大人げない面がありますが、ユネスコから表彰されたほどのジェントルマンです。

ほぼ満場一致の国民投票で、任期が延長されること2回。対立候補ですら投票してしまったと告白する、無敵の大統領です。

2007年1月に任期が終了したときは、選挙すら開催されないポピュリズムの真骨頂。後任が決まらないイスラム・カリモフ氏が、そのまま11ヶ月間も大統領の椅子に座り続けますが、むしろ「体制」に影響はありません。

神経質な西側諸国なら、不戦勝居座り大統領とはいかがなものかと、マスコミやら国民やら対立候補が騒ぎ立てるものですが、波ひとつ立たない天下太平ぶりなのです。

つい昨年の選挙では、大統領の3選は禁止されているにもかかわらず、これまた誰にツッコまれることなく4選連続当選。ギネス級の快挙を成し遂げます。

欧米は八百長選挙を疑いますが、それは冤罪です。
そもそも「体制派の野党」しか登録を認めないので、どうして対立候補の妨害や票のごまかしが必要でありましょうか。感謝すべきは、対立候補なのですから。

ちなみに信教の自由を保証しますが、異教、邪教は認可しないので、そこのところよろしくお願いします。

次のページ
「10秒の仕事を3人で15分」究極の分業システム >



著者紹介

石澤義裕(いしざわ・よしひろ)

デザイナー

1965年、北海道旭川市生まれ。札幌で育ち、東京で大人になる。新宿にてデザイナーとして活動後、2005年4月より夫婦で世界一周中。生活費を稼ぎながら旅を続ける、ワーキング・パッカー。

THE21 購入

2020年1月号

The21 2020年1月号

発売日:2019年12月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち

石澤義裕(ワーキング・パッカー)

「才能の無駄遣い」で爆走する運転手たち(キルギス)

<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち(6)石澤義裕(デザイナー)

あちこちに残るソ連の置き土産(カザフスタン)

<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち(5)石澤義裕(デザイナー)
東京・京都で開催! 大杉日香理先生トークセミナー 3年先の未来を創る2020年の過ごし方

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
東京・京都で開催! 大杉日香理先生トークセミナー 3年先の未来を創る2020年の過ごし方

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。