ホーム » THE21 » トピックス » 経済制裁も巧みに回避。最強の後出し系交渉術(イラン)

経済制裁も巧みに回避。最強の後出し系交渉術(イラン)

2016年05月06日 公開

<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち(9)石澤義裕(デザイナー)

フレンドリー。かつ、タフネゴシエーター

世間様の人生行路から脱線し、住む家がないからたどり着いた、自然派ミニマリストです。
地球規模のノマドワーカーとして、ところかまわず汗を流して、はや11年。軽自動車になけなしの所帯を積み込み、極楽浄土を求めてさまよっています。

 

意外に賢い「ならず者国家」とは?

独裁政権続きの中央アジアを脱出し、ならず者国家にお邪魔しました。
テロ支援国家にも認定されている、恐れ多いイランです。

革命以降、宗教の指導者が国の権力を握っているイスラム共和国。
死刑の執行数は、中国に次いで世界2位。石打ち刑で投げる石は、殺さない程度に最大の石を選ぶ心配り。

ロケットに猿を乗せる科学力があり、知識生産量で世界ランキング16位。意外に……、と言っては失礼ですが、賢いのです。
革命以前に培った王様専用の情報機関は、アメリカ国防省をして世界最強のひとつに数えられ、イスラエルの「モサド」とわたりあう実力。

あたりを見渡せば、すべての女性がヒジャブというスカーフで頭を覆い、チャドルという布を全身にまとっています。
鋭い眼光とセクシーなまつ毛しか見えません。太っているのか痩せているのかすらわからず、目で愛撫することすら叶わぬ禁断の世界。黒服の秘密警察にとり囲まれた感のある、息詰る街角。


イランの国土は、日本の4.4倍。砂漠ばかりかと思いきや、雪山も多い。

 

イランではどんなお金持ちも「お金がない!?」

知れば知るほどに知りたくないイランで、実は、進退窮まっております。
お金がありません。

日本の銀行には売るほど預金がありますが、イランのATMでは現金を下ろせないのです。クレジットカードも使えません。
西側とのマネーラインは、完全に断絶しています。
これが世に云う「経済制裁」。
核査察ならいつでもウェルカムな我が家だというのに、とばっちりを喰らってキャッシュフロー不足に陥りました。
他の惑星の火事くらいに関係がないと思っていた制裁が、まさかの飛び火。現地にて炎上中。

いったいイランのどこが悪いというのか――。
我がままな欧米列強の嫌がらせではないのか――。

かつては「ABCD包囲網」で泣かされた同類として、原因究明に迫ります。

次のページ
イランをイラン人に奪われたことで始まった経済制裁 >



著者紹介

石澤義裕(いしざわ・よしひろ)

デザイナー

1965年、北海道旭川市生まれ。札幌で育ち、東京で大人になる。新宿にてデザイナーとして活動後、2005年4月より夫婦で世界一周中。生活費を稼ぎながら旅を続ける、ワーキング・パッカー。

THE21 購入

2020年1月号

The21 2020年1月号

発売日:2019年12月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち

石澤義裕(ワーキング・パッカー)

仏作って魂入れず(トルクメニスタン)

<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち(8)石澤義裕(デザイナー)

なぜ今、ハーバードで「日本」が注目されるのか?

佐藤智恵(作家・コンサルタント)
東京・京都で開催! 大杉日香理先生トークセミナー 3年先の未来を創る2020年の過ごし方

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
東京・京都で開催! 大杉日香理先生トークセミナー 3年先の未来を創る2020年の過ごし方

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。