ホーム » THE21 » トピックス » 世界最強の商売人か? 単なる売り込みベタか?(アルメニア)

世界最強の商売人か? 単なる売り込みベタか?(アルメニア)

2016年06月01日 公開

<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち(10)石澤義裕(デザイナー)

ユダヤ人をも凌駕する「商売大国」のはずが……


世界一美人のアルメニア。8歳にして、すでにモデル顔。

ノンポリの大陸浪人として、地球を転がる徘徊夫婦です。
稚内から始めた世界半周ドライブは、ロシア、中央アジア、イランと突き抜け、ヨーロッパの裏口までたどり着きました。
桜吹雪を身にまとい、北進中。
梅の花も満開です。

突然ですが、問題です。次の文章の空欄を埋めてください。

『商売が巧いとされる華僑3人が束になっても、1人のインド人には勝てるかどうか。そのインド人が3人束になっても、1人のアラブ人と同じぐらい。そのアラブ人が3人束になっても、1人のユダヤ人には敵わない。しかし、そのユダヤ人が3人束になってかかっても、1人の◯◯◯人には敵わない』

日本マクドナルドの創業者、藤田田氏の言葉ですが、◯◯◯に入る民族名はなんでしょう?
世界経済を牛耳っていると言われるユダヤ人を凌ぐ、世界最強の民族とは……。

その正体は、アルメニア人です。

世界最強のわりに、知名度が低いアルメニア。
紀元前は、地中海、カスピ海、黒海と3つの海を結ぶ王国でしたが、みごとな栄枯盛衰。今ではすべての海を失ってしまい、小さな内陸国です。

顔つきは若干うさん臭いものの、欲の皮の突っ張った商売人というより、売り込み下手で商売っ気のない人たちです。


髭の濃い悪人面ですが、カメラを向けるとVサイン。見かけに寄らずフレンドリー。

 

気づかぬうちに消滅しかねない「のほほん」国家?

マクドナルドの元社長に絶賛されても、アルメニアにはいまだに一軒のマクドナルドもない寂しさ。
ユダヤ人以上の商売上手ともてはやされていますが、名目GDPは世界で131位という懐具合。

その貧困度のバロメーターは、レーズンパンにレーズンが1粒しか入っていなかった哀愁のボリビアでも、95位。一日の半分も停電し、路上の焚火で暖をとるネパールでも106位。中米の名だたる貧乏そうな国々、エルサルバドル、ホンジュラス、ニカラグアでさえ、それ以下というかそれ以上です。

グローバリズムの喧騒から取り残され、なんとなく貧乏にさえ気づいていないような、当事者意識の欠けた“のほほんさ”が漂っています。
チグリス・ユーフラテス川に滋養供給するほどの肥沃な土地ゆえ、貧乏に緊張感がないのです。

宗教的には、エデンの園があった人類の発祥地。そんな神々しいポテンシャルをおくびにも出さない控えめな態度。リンゴを食べて追放されたことが忘れられないのか、男性の9割が海外へ出稼ぎに出ます。
女性はイブの直系末裔。世界一の美人として有名ですが、妙齢の娘さんをほとんど見かけません。女盛りのイブたちは、働き盛りのアダムとともに出奔したのでしょう。

ソ連から独立した当時の人口が、350万人。いま300万人を切ったところ。ほうっておくと、こっそり消滅してしまいそうな奥ゆかしさがあります。

次のページ
エネルギーに恵まれず、無茶をやらかすアルメニア >



著者紹介

石澤義裕(いしざわ・よしひろ)

デザイナー

1965年、北海道旭川市生まれ。札幌で育ち、東京で大人になる。新宿にてデザイナーとして活動後、2005年4月より夫婦で世界一周中。生活費を稼ぎながら旅を続ける、ワーキング・パッカー。

THE21 購入

2020年1月号

The21 2020年1月号

発売日:2019年12月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

経済制裁も巧みに回避。最強の後出し系交渉術(イラン)

<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち(9)石澤義裕(デザイナー)

盗られる前に盗れ!恐るべきメキシコ!(メキシコ)

<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち(1)石澤義裕(デザイナー)

<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち

石澤義裕(ワーキング・パッカー)
DRAGON JAPAN 龍の日

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
DRAGON JAPAN 龍の日

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。