ホーム » THE21 » インタビュー » 特別対談 夏野剛×太野彩香&奈良未遥(NGT48)

特別対談 夏野剛×太野彩香&奈良未遥(NGT48)

2016年10月22日 公開

NGT48のお仕事で大切なこと教えてください!

最終回 「発信する」――メディアやステージで印象に残る発言力を学ぶ

AKB48の新たな姉妹グループとして、1月に劇場デビューしたNGT48。新潟から全国へ、そして世界へと羽ばたくためには、ダンスと歌以外にも学ぶべきことはたくさんある。
48グループの未来を担う若きメンバーたちが、異分野のプロ、エキスパートに教えを請うこの連載。最終回のテーマは、テレビ番組のトークからSNSでの投稿まであらゆる場面で必要になる「発信力」だ。iモードで情報通信の革命を起こし、大学教授やコメンテーターとしても活躍する夏野剛氏に、「発信する」技術の真髄をうかがった。<取材・構成=鈴木初日、写真撮影=永井浩>

 

チャンスを活かすには「つかみ」の下準備を

300名を超えるメンバーを擁するAKB48グループ。人数が多いだけに、一人ひとりに与えられるアピールのチャンスは限られている。その中でいかに有効な情報発信をしていくか。太野さんと奈良さんは、日頃どんなことを心がけているのだろう。

太野 私は兵庫出身なので関西弁なんですけど、SNSやメールでは標準語を使います。人前で話すときは「関西弁がいいね」とファンの方に言われることがあるので、関西弁で。書く時と話すときで使い分けています。

夏野 どうして使い分けるんですか?

太野 やっぱり関西弁って、書き言葉だときつく感じることもあるみたいなんですよ、ファンの方からしたら。

夏野 文字にすると誤解される?

太野 そうなんですよ。話しているのを聞いたら声のトーンとかで伝わることでも、字に書いたらわからないこともあるじゃないですか。字だけだと、関西弁だとわかりにくいかなというところは標準語を使ってます。

夏野 でも、ちょっとは出ることもあったり?

太野 あります。

夏野 関西人同士がメールを書く時はどうなんですか?

太野 それはもうバリバリの関西弁です。「~やねん」とか。

夏野 じゃあ、それでSNSでも発信してしまっていいのかもしれませんね。

奈良 私はあまりしゃべるのが得意ではないんですけど、劇場公演では会話に入れる隙間があったら入るようにしたり……あとは、メール(※編集部注:登録したメンバーからメールが届くモバイル向けサービス、「NGT48mail」のこと。同様のサービスは他のグループにもある)はファンの方と一対一でやりとりしている感じの空間なので、距離感を作らないように気をつけています。

夏野 奈良さんは青森出身ですね。津軽弁もいいんじゃない?

奈良 何を言ってるかわからないと言われてしまうので……。握手会などで、ファンの方も津軽弁の方だったりしたら盛り上がるんですけど。

ファンの気持ちになって、喜んでもらえるように情報を発信する努力は基本。その基本を踏まえた上で、「つかみ」となる得意技が必要だと夏野氏は言う。

夏野 短い時間で、あるいは一瞬で、人の気持ちを動かすには、「つかみ」が大事だと思うんですよ。たとえば、僕でいうと、この2週間くらいの得意技は「僕は学歴詐称していません」。

太野・奈良 (笑)

夏野 テレビで話すときでも、人と会うときでも、この一言だけで笑いが起きる。ヤフーのトピックスを見ながら「今日のつかみになりそうなニュースは?」という目で探していくと必ずネタは見つかります。できれば「今週のつかみの一言」、もう少し長く使える「今月の一言」、さらに「今年の一言」まで用意しておく。テレビなどで話す場合にもリラックスできて、ぐっと楽になりますよ。

太野 なるほど。

夏野 何も話すことがないときや、握手会で相手が黙っているときにも役に立ちます。

太野 あらかじめ決めておけばいいんですね。

夏野 AKB48グループは人数が多いから、舞台上で挨拶する機会があっても本当に一言でしょう。

太野 そうなんです。

夏野 だから、どうせそのための「一言」は用意しておく必要がある。そこで、一つだけではなくて「ずっと使える一言」「今週の一言」「今月の一言」と三つくらい持っておくといろんな場面でぐっとつかめる。特に、ずっと使える印象的な一言を用意しておくといいですね。「○○の話をしていた人だな」「いつも○○の話をする子だな」と憶えてもらえるわけです。
これは、スポーツ選手の得意技と同じです。たとえば柔道の選手で、一本背負いが得意技だとする。一本背負いに持ち込めたときには当然勝てる。相手が一本背負いを警戒しているからこそ他の技を決めやすくなることもある。同じように、コミュニケーションにおいても得意技を準備しておきましょうということです。

 

次のページ
10年後のために「得意技」を磨こう >



著者紹介

夏野 剛(なつの・たけし)

慶應義塾大学特別招聘教授

1965年、神奈川県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。88年、東京ガス〔株〕に入社。95年、米国ペンシルバニア大学経営大学院卒業、MBA取得。97年、〔株〕NTTドコモに入社。榎啓一氏、松永真理氏らと99年に「iモード」ビジネスを立ち上げ、同社の躍進に大きく貢献。2008年、NTTドコモを退社。現職の他、〔株〕ドワンゴを含め複数企業の取締役を務めている。『情報プレゼンターとくダネ!』(フジテレビ系)等でコメンテーターとしても活躍。

太野彩香(たの・あやか)

アイドル/NGT48

1997年、兵庫県生まれ。2015年、NGT48第1期生オーディションに合格。チームNIIIに所属。趣味はバレエ鑑賞。ニックネームは「アヤカニ」。

奈良未遥(なら・みはる)

アイドル/NGT48

1998年、青森県生まれ。2015年、NGT48第1期生オーディションに合格、研究生として活動中。特技は人の顔を覚えること。ニックネームは「みはちゃん」。

THE21 購入

2019年10月

The21 2019年10月

発売日:2019年09月10日
価格(税込):630円

関連記事

編集部のおすすめ

特別対談 戸塚隆将×本間日陽&日下部愛菜(NGT48)

NGT48のお仕事で大切なこと教えてください!

特別対談 土井香苗×山口真帆&西村菜那子(NGT48)

NGT48のお仕事で大切なこと教えてください!

特別対談 塚越友子×荻野由佳&水澤彩佳(NGT48)

NGT48のお仕事で大切なこと教えてください!
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中
×

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。