PHPオンライン衆知 » THE21 » スキルアップ » 朝からフルパワーな人の「朝時間&夜時間」の過ごし方

朝からフルパワーな人の「朝時間&夜時間」の過ごし方

2016年12月26日 公開

池田千恵(朝6時代表)・小川晋平(Smart Asset HD創設者)

朝活の達人2人の「夜」の過ごし方

池田氏の夜の過ごし方

仕事は17時に終わらせ、18時半までに帰宅。その後保育園へお迎えにいき、19時に子供の夕食、20時前には夫婦の夕食も済ませる。
ちなみに夕食を作るのは基本的に夫が担当している。作り置きなども活用して、家事の時間は極力短縮するよう心がけている。
20時に順次入浴、20時半頃には親子ともども就寝してしまうという。このように「早寝」の池田氏、夜は全般にリラックスして過ごす。「込み入ったことは考えず、1日の疲れをリセットし、明日に備えます」

(1)朝に計画、昼に実行。夕方は自由に過ごす
「朝時間の活用は生活全体の充実につながる」と池田氏は考える。そのため、朝にしっかりプランを立てておけば、昼はそれを実行するのみ。こうして効率よく仕事を進められれば、早く仕事を終えることができ、その結果、夜の時間が自由になる。
「勉強や習い事に使うのも良いし、家族と過ごすのも良いでしょう。会食や、友達と会う時間にしても良いですね。年齢や環境、生活の変化ごとに、過ごし方を自由に変えていって良いと思います」

(2)帰りの通勤電車はくつろぎモードでOK
「帰宅するときの電車の中では、行きとは逆に、ボーっとして過ごします」と池田氏。
ONとOFFのメリハリをつけることが、日中の仕事の精度を高めるコツだからだ。眠っても良いし、好きな本を読むなど、仕事とは離れたことをするのが良い。
資格試験等の勉強をしている人は、その時間に充てるのも良い。
「ただしこの場合も、あまり思考力を働かせず、『英単語をひたすら暗記』など、単純なインプット作業に使うのがお勧めです」

(3)明日の朝やることをイメージしながら眠る
池田氏が就寝前に勧める行動は二つ。一つは、明日の服装を決めること。もう一つは、ごく簡単に明日のTODOを箇条書きにすること。
「『明朝、~しよう』と思ってから眠ると、頭にその意識が残り、翌朝パッと起きられます」
なお、これらの作業は「入眠儀式」としても機能する。ベッドの上でTODOを書く→眠くなる、という自然な流れができるのだ。
「入眠儀式は良い睡眠に不可欠です。『ホットミルクを飲む』など内容は自由。眠くなるスイッチをつくれば、寝つきが格段によくなります」

 

小川氏の夜の過ごし方

ひとりで過ごす朝とは対照的に、夜は人と会う時間として活用。同日に2件以上のアポイントが入ることもあり、昼夜合わせて年間約700件もの会食をしているという。
夕方にオフィスを出る前のひと工夫は、体調によって「やりかけ」を用意しておくこと。疲れが溜まっていると感じたら、あえて書きかけの書類や未返信メールを残し、翌朝起きる動機づけを強める。
その後会食に向かい、帰宅後は即、就寝して体力をチャージ。ちなみに昼にもこまめに仮眠をとり、疲労の蓄積防止も万全にしておく。

(1)「人との交流」で学びと人脈を広げる
小川氏の会食の回数は「年間700件」と膨大。ひと晩に2回、3回組むことも少なくないそうだ。
どんな人物に会うか、の基準は「学びを得られる人」。年長者に限らず、最新情報を得られるような若い人との出会いも有益だという。
「自分が得るだけでなく、こちらが提供できる情報や知恵も携えておきます。到底及ばないような大先輩なら、『今後の可能性への期待』を提供します」
興味の方向性に共通項がある人どうしの「つなぎ役」になり、多数で会食することも。大人数に同時に会えて効率性も高く、人の輪も広げられる。

(2)明日に備え、一刻も早く就寝する
朝が早くても、睡眠はしっかり取ることが重要だ。睡眠不足は効率の最大の敵になる。
会食がある場合も、基本的にはなるべく2時間以内で終わらせて、翌日に響かないよう工夫すると良い。小川氏の場合、帰宅後はシャワーなど最低限のことだけ行なってすぐに就寝するそうだ。早く帰れた日なら、20時頃に就寝することもあるという。
「ただし、明日のTODOだけは簡単に書きます。とはいえあまり深く考えず、問いのような形のメモを書きつける程度です。そうするだけで、夢の中で答えが浮かぶことも多いんですよ」

 

<『THE21』2016年12月号より>

著者紹介

池田千恵(いけだ・ちえ)

〔株〕朝6時代表取締役

福島県生まれ。二度の大学受験失敗を機に早起きに目覚め、半年の早朝勉強で慶應義塾大学総合政策学部に入学。ワタミ㈱、ボストン コンサルティング グループを経て、2009年に独立。始業前の時間を有効活用する大人の学び場「Before9プロジェクト」を主宰。著書に、『「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!』(PHP文庫)など。

小川晋平(おがわ・しんぺい)

Smart Asset HD創設者

1985年生まれ。慶應義塾大学在学中にデイトレーダーとして活躍、24歳で起業。現在はブロックチェーン事業を中心に国内外含め12社の経営に携わりつつ、「成果が出る習慣」を学ぶ『チーム100』も主宰。著書に、『一流の人はなぜそこまで、習慣にこだわるのか』(俣野成敏氏との共著、クロスメディア・パブリッシング)など。

THE21 購入

2021年11月号

The21 2021年11月号

発売日:2021年10月08日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

理想の「朝時間&夜時間」の過ごし方とは?

池田千恵(CONECTA代表)

早起きで「できる自分」が脳内に刷り込まれる!

藤井孝一(経営コンサルタント)

人気作家が朝4時起きで執筆する理由とは?

江上 剛(作家)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。

×