ホーム » THE21 » トピックス » 【今週の「気になる本」】『聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた』

【今週の「気になる本」】『聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた』

2016年12月09日 公開

井上真偽著/講談社ノベルス

「否定」を重ねて真相にたどり着く推理ショー

聖女伝説が伝わる地方で、結婚式中に不可解な毒殺事件が発生。同じ盃を回し飲みしたはずの8人のうち3人だけが殺害されたのだ。

青髪の探偵・上苙丞(うえおろじょう)シリーズ第2弾。不可解な殺人事件の真相について複数人が推理を披露し、それを上苙が「その可能性はすでに考えた」という決め台詞とともに、矛盾点を突いて否定してゆく形式で進む。推理ショーとその否定の連続によって成り立っている物語だ。

全編にわたって舞台はほとんど動かず、登場人物も少ないが、そうした展開ゆえ「一体何が真相なのか」の一点に集中して夢中で読み進めるので、まったく飽きずに気づけば一気読みしてしまうことだろう。

このシリーズの大きな魅力は、そうした緻密な論理構成による数々の推理と、それを「否定」してゆく先にある真相だ。しかしそれだけではなく、登場人物のキャラクター性も大きな魅力である。

天才探偵であり青髪で見目麗しい上苙、中国の元裏社会幹部で絶世の美女のフーリンなど、まるで少年漫画かライトノベルのキャラクターのような設定なのだ。フーリンや、そのかつての仕事仲間リーシーなどは、『BLACK LAGOON』(広江礼威著/小学館)あたりに出てきてもおかしくないと個人的に思うので、勝手に容姿を想像しながら楽しんでいる。

しかし、登場人物が個性的だからといって文章に無理矢理さは一切なく、彼らが生き生きと活躍しているので、本格推理小説と、探偵とマフィアが出てくる少年漫画を一緒に読んだようなお得感が味わえる。

 


執筆:Nao(「小説」担当)

 



THE21 購入

2020年1月号

The21 2020年1月号

発売日:2019年12月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

<連載>今週の「気になる本」 【連載終了】

THE21編集部

【今週の「気になる本」】『日本一周3016湯』

高橋一喜著/幻冬舎新書

【今週の「気になる本」】『IDOL DANCE!!!』

竹中夏海著/ポット出版
DRAGON JAPAN 龍の日

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
DRAGON JAPAN 龍の日

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。