ホーム » THE21 » スキルアップ » 必要な情報がすぐに出る!Google検索のコツ

必要な情報がすぐに出る!Google検索のコツ

2017年07月24日 公開

岡田充弘(カナリア代表取締役)

デジタルツールは、頼りない記憶力の強い味方!

写真:photolibrary

インターネットによって無数の情報にアクセスできる現代。記憶力も大事だが、むしろ「覚えていない情報」をどう引き出すか、情報検索の能力も必須だと言えよう。PCを使った仕事術や時短ワザに詳しい岡田充弘氏に、検索ワザをはじめとするデジタルツールを利用した記憶の保管方法についてうかがった。《取材・構成=西澤まどか》

 

「検索ツール」を使えば覚える必要すらない!?

情報量の多い現代のビジネスシーンでは、必要な情報をすべて覚えておくのはとても無理でしょう。現代人の記憶を補う強い味方がデジタルツールです。ツールを使いこなし、必要な情報にアクセスすることは今や必須のスキル。新しい情報のために脳のメモリーを空けておくという意味でも、すぐに取り出せる細かい情報はむしろ忘れるべきとも言えそうです。

記憶を補完するためのデジタルツールといえば、まずなんといってもGoogleなどの検索ツールがあります。「それなら毎日使っているよ」という人もいるでしょうが、本当に使いこなせているかどうかは別問題。同じことを調べるにも、キーワードの設定によって、必要な情報にアクセスできるスピードが変わってきます。検索にも精度があるということです。

検索の精度を高めるためには、次ページで紹介するようなテクニックを活用すると良いでしょう。「and」検索、「除外(マイナス)」検索など、最短で必要な情報にたどり着くためのちょっとした工夫がいろいろとあります。

ここでさらに時間短縮を図るなら、ブラウザを立ち上げなくてもいつでもすぐに検索ができるようにソフトを使う方法があります。たとえば私の場合、「E START デスクトップバー」という無料ソフトを利用しています。これは、「Ctrl」キーを二回押すだけで、検索バーが表示されるものです。PC内のドキュメントのほか、Googleでの検索もできます。スマートフォンなら、音声検索機能を使うのも良いと思います。

その他、記憶を補完するデジタルツールには、メモアプリやスケジュール機能、タスク管理ツールなどがあるでしょう。私はWindowsに標準搭載されている「メモ帳」や、iPhoneアプリの「カウントメモ」(右下参照)をよく使っています。

タスク管理はGoogleの標準的なツール「Google ToDoリスト」を利用しています。メールをそのままタスクリストに追加して期限順に並べたり、他の人のタスクも共有し一緒に管理できるのが特徴です。Googleカレンダーはスケジュール入力が簡単にできますし、リマインド機能もあるので、物忘れを防ぎたい人にはうってつけのデジタルツールではないでしょうか。

 

便利で簡単!検索の小ワザ >

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

著者紹介

岡田充弘(おかだ・みつひろ)

カナリア〔株〕代表取締役

1973年、兵庫県生まれ。日本電信電話、プライスウォーターハウスクーパース、マーサージャパンを経て、甲南エレクトロニクスに参画。短期間で過去最高益を達成し、カナリア〔株〕に商号変更、代表取締役に就任。その後、イベント企画会社クロネコキューブ〔株〕、デザインファームのウズラ〔株〕を設立、いずれも代表取締役に就任。著書に、『仕事が速い人ほどマウスを使わない!超速パソコン仕事術』(かんき出版)など。

関連記事

編集部のおすすめ

大人は「丸暗記」より「経験の記憶」が重要

築山節(医師)

780人の社員全員を記憶する社長の秘密とは?

重永 忠([株]生活の木 代表取締役社長CEO)

仕事の効率がいい人は、最初にひと手間をかけている

山本憲明(税理士)


アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。