ホーム » THE21 » トピックス » 【今週の「気になる本」】『火定』

【今週の「気になる本」】『火定』

2018年01月26日 公開

澤田瞳子著/PHP研究所

脅威の中で見えてくる人間の本質

第158回直木賞候補作。天平の時代、疫病・天然痘が都に蔓延し、無辜の民が次々に苦しみながら死んでゆく。治療を行う「施薬院」で働く名代と、かつては侍医として名を知られたものの、無実の罪で捕えられた諸男。二人の視点から、地獄のような疫病と、それに立ち向かう人々の動乱を描く。

なすすべもないほどの脅威。この時代に蔓延した疫病とはそういうものだ。日本史の教科書にも残る史実であり、この疫病により当時の権力者・藤原四兄弟が命を落としたことなどは知られている。しかし、それもたった数行の記述。その陰で、市井の人々がどう生き、どう死んでいったのかは想像するしかない。

どうしようもない状況の中でこそ、人の本質が見えることがある。この物語にも、自分のなすべきことを見つめて精一杯やり遂げようとする人物も登場すれば、災害に乗じて偽りの神を仕立てて金儲けをたくらむ輩も登場する。そして、その偽りの神にすがってでも家族を助けようと奔走する人たちがいる。それぞれの生きざまに考えさせられるとともに、いつの時代も人間の本質は変わらないのかもしれないと思う。

また、本書では理不尽とも思えるような凄惨な死がたくさん描かれる。顔が原型をとどめないほどに膿疱が広がり、悶え苦しみながら死んでゆく人々。中でもつらいのは、寺院にいる子供たちが病魔に侵されるシーンである。そんなときでもきちんと大人の言うことを聞き従う子供たちの様子を読むと、取りつく人を選ばない病気の理不尽さにやるせない気持ちになる。

読むのがつらくなるような場面も多いが、生と死と、そして与えられた生をどう生きるかの選択など、重いテーマを直球で突きつけられる作品だ。歴史に学ぶというと、現代に名を残す有名な人物の生き方に学ぶと考えがちだが、それだけではない。普通の人たちの人生に思いを馳せてみることで見えてくるものもあると、気づかせてくれる。

 


執筆:Nao


癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

関連記事

編集部のおすすめ

直木賞候補作『火定』~時は天平、天然痘流行を食い止める医師たちを描く歴史小説

澤田瞳子

<連載>今週の「気になる本」

THE21編集部

【今週の「気になる本」】『呼吸で心を整える』

倉橋竜哉/フォレスト出版

【今週の「気になる本」】『本の未来を探す旅 ソウル』

内沼晋太郎+綾女欣伸 編著/ 朝日出版社


アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。