ホーム » THE21 » スキルアップ » ミドル世代、「初めての転職」成功のポイント

ミドル世代、「初めての転職」成功のポイント

2018年06月25日 公開

中谷充宏(キャリアカウンセラー)

35歳以上で転職できる人、できない人の違いとは?

転職活動とは、具体的にまず何から始めて、どう動けばよいのだろうか。40代以上の転職希望者の支援を多数行なってきたキャリアカウンセラーの中谷充宏氏に、エージェントの探し方から面接の対策まで、転職成功に向けて具体的なアドバイスをいただいた。(取材・構成=内埜さくら)

 

40代以降の転職、機会は増えたが要注意

今はバブル経済以来の、最大の転職チャンス。「転職は35歳が限界説」の壁も崩壊したと言われています。しかし、安易に踏み出すのは禁物です。たしかに10年前に比べれば40代以降の転職は増えましたが、経験やスキルの専門性が高くないと、求人情報はまだまだ少ないのが現実です。40代後半ともなると、経営層に近い高待遇のエグゼクティブ求人か、賃金が安価な下層求人に二極化しています。

ミドルの場合、自分の市場価値を高く見積もりすぎるケースが多く見受けられます。一概には言えませんが、大手企業でエスカレーター式に出世街道を歩んできた人に多いパターンです。市場価値を理解していないと、ターゲット企業がズレていたり、条件にこだわりすぎたりして、不採用が続く原因となります。

またこの世代は、年収アップを目的に転職する人も少なくありません。ですが、現在と同じ職種でありながらそれよりはるかに高い年収を打ち出している募集は、眉唾物。厳しいノルマを課せられるなど、マイナス要因をはらんでいる可能性があります。年齢やキャリアによって、職種の年収はある程度決まっているものです。

 

キャリアの棚卸しで自分の武器を見つけよう

若いうちならともかく、40代以降の転職での失敗は、やり直しがきかないこともあり、よく考えてから動くことが必要です。そのための大前提は、戦略と戦術をしっかりと立てることです。

戦略を立てるときは、まず「転職する目的」を明確にしましょう。ワークライフバランスややりがいなどを理由に転職しようとしている人は、「隣の芝生が青く見えているだけではないのか」「今の会社を辞めてまで、挑戦する必要があるのか」と自問自答し、客観的視点から整理してください。

次に、キャリアの棚卸しをしてみましょう。今までの職歴を振り返り、転職先で自分は何ができるのかという武器を掘り起こすのです。

転職活動は、WEBサイトに登録するレジュメから面接まで、一つ一つのステップが評価の対象となります。当たり前のことを丁寧にきちんとこなし、ベストを尽くして下さい。

 

次のページ
1 転職サイト、エージェントに登録 >



著者紹介

中谷充宏(なかや・みつひろ)

キャリアカウンセラー/社会保険労務士

1967年、大阪府生まれ。同志社大学法学部法律学科卒。NTT(日本電信電話㈱)等を経て、2004年にキャリアカウンセラーとして独立。マンツーマンで転職を支援する、日本トップクラスの「転職のパーソナルコーチ」。社会保険労務士として人事採用コンサルティングの経験も豊富。著書に、『人事の本音がわかれば転職面接は必ず受かる!』『30代40代のための転職パーフェクトガイド』(以上、秀和システム)などがある。

THE21 購入

12月号

The21 12月号

発売日:2019年11月09日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

【連載】藤原和博 45歳の教科書(1)

藤原和博(教育改革実践家)

上田準二・40代の大ピンチを切り抜けたキーワード

上田準二(ユニー・ファミリーマートホールディングス相談役)

40代でも間に合う!キャリアに役立つ「資格」とは

高島徹治(資格コンサルタント)
DRAGON JAPAN 龍の日

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
DRAGON JAPAN 龍の日
×

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。