ホーム » THE21 » トピックス » 【今週の「気になる本」】『BUTTER』

【今週の「気になる本」】『BUTTER』

2018年05月04日 公開

柚木麻子著/新潮社

結婚詐欺と連続殺人の容疑者である梶井真奈子、通称カジマナ。逮捕時に話題になったのはその容姿。美人でもなく、おまけに太っている彼女が一体、どのようにして次々に男を手玉に取ったのか? 週刊誌の記者である町田里佳はカジマナの独占インタビューを取るべく動く。面会を重ね、取材の一環だからとカジマナの勧める店で食事したり、言われた通りのレシピで料理をしたりするうちに、スレンダーだった身体は太り気味に。そのうち里佳は、仕事だけでなく人生そのものをもカジマナに翻弄されてゆく。

その名が記憶にある人ならばすぐに思い浮かべるであろう、木嶋佳苗死刑囚の首都圏連続不審死事件をモチーフとした小説だ。

グルメで料理が得意な梶井が作中で熱く語る食材の一つが、タイトルにもなっている「バター」なのだが、このタイトルの通りに濃厚な展開が続く小説だった。主人公・里佳が梶井に取り込まれていく様子、里佳と親友との友情関係など、いくつもの視点で読むことができる長編だが、私は一貫して「現代女性の生きづらさ」が主題にあると感じた。

里佳は強く賢く、仕事に野心を持つ女性だ。その彼女が身を捧げるようにして勝ち取ったはずの仕事の末路がどうなるか。そこはぜひ本編をお読みいただきたいのだが、「もし里佳が男性だったら、同じ結果になっただろうか」と思わざるを得ない。里佳が「スレンダーで見栄えが良く、週刊誌編集部で紅一点だから」という理由で注目されるあたりは、仕事の場でもなぜか「女子力」とやらを求められる現実がよく表われていると思う。

女性が何かを手に入れるには、必ず何かを犠牲にしなければならないのか。もっと楽に、いろいろ諦めて生きてはいけないのか。痩身で美しくあらねばならないという呪縛から解かれる日は来るのか。痩せることを放棄しながらも、女として自信満々な梶井を、正直に言えば私はうらやましく思う。物語の結末が気になると同時に、さまざまなことを悶々と考えながら読んだ作品。

 


執筆:Nao

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

関連記事

編集部のおすすめ

【今週の「気になる本」】『殺人出産』

村田沙耶香著/講談社文庫

【今週の「気になる本」】『カンタン刑』

式 貴士著/光文社文庫

【今週の「気になる本」】『火定』

澤田瞳子著/PHP研究所

<連載>今週の「気になる本」

THE21編集部


WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。