ホーム » THE21 » トピックス » 【ミドル世代転職の実状】「転職してもいい人」「後悔する人」は何が違うのか?

【ミドル世代転職の実状】「転職してもいい人」「後悔する人」は何が違うのか?

2018年06月28日 公開

黒田真行(ミドル世代専門転職コンサルタント)

「35歳限界説」は顕在!? ミドル世代はまず現状を知るところから

誰もが会社を辞めるという選択肢を考慮すべき時代。とはいえ、言うまでもなく、安易な転職をすれば後悔することに。また、「35歳限界説はなくなった」「40代の求人が増えた」といった風潮を安易に信じ込むのも危険だという。多くの事例を見てきたミドル世代専門転職コンサルタントの黒田真行氏に、ミドル世代の転職事情と、「転職してもいい人」を、転職に向けてのステップとともに解説いただいた。

 

ミドル世代の求人は本当に増えているか?

 どの時代も、転職をしたい人は一定数存在しています。「今すぐ」もしくは「いつかは」の温度差はあれ、だいたい100人中20人、つまり2割のビジネスマンがなんらかのかたちで転職を意識しています。そして、実際に転職活動をしている人は100人中5人程度です。

 さてこの転職検討者が、実際に転職を実現できるかというと、その成否の確率は市場の求人数によって変わります。転職したい人の数がほぼ一定なのに対し、こちらは景気の動向によって大きく上下します。好況なら求人数は増え、不況なら減少します。

 では現在はというと、昨年10月時点で有効求人倍率は1.55倍と、バブル期を超える高水準。リーマンショック直後の2009年に0.42倍となったのを「底」に、その後はずっと右肩上がりです。ミドル世代の転職者も増えていて、45~54歳の転職者数が3年間で10万人も増加した、という報道もあります。

 しかし、だからといって「すべてのミドル世代にとって転職のチャンス!」とみるのは早計。

 まず求人数に関して言えば、リーマンショックから脱却した増加トレンドが始まって今年は10年目を迎えます。ここ40年を振り返ると、10年も上り調子が続いたのは今回が初めて。長く上がり続けたぶん、今後、いったん下がり始めたら、下降期間が長くなる恐れもあるとみています。

 加えてミドルの転職市場において、この10年で数字が伸びたのは確かですが、実際は、20代、30代のほうがもっと急激に伸びており、その老若差はむしろ以前よりも開いています。

次のページ
「35 歳限界説」はなくなっていない!? >



著者紹介

黒田真行(くろだ・まさゆき)

ミドル世代専門転職コンサルタント/ルーセントドアーズ[株]代表取締役

1965年生まれ。89年、関西大学法学部卒業後、リクルートに入社。B-ing、フロム・エーの関西版編集長などを経て、2006年よりリクナビNEXTなどの編集長を8年間務める。12,000人を超える転職者・人事責任者などと接し、転職活動のノウハウや日本の中途採用市場、マッチングの構造に精通。14年、ルーセントドアーズを設立。近著に、『40歳からの「転職格差」』(PHPビジネス新書)。

関連記事

編集部のおすすめ

【動画】出口治明氏が考える「ミドル世代の転職の心得」とは

出口治明(立命館アジア太平洋大学学長)

40代の転職、成功の秘訣とは!?

山崎 元(経済評論家)

「40代からの転職」その現状とは?

高本尊通(プロフェッショナルバンク ヘッドハンター)

40代は「会社に頼らない生き方」を目指そう!

柳川範之(東京大学大学院経済学研究科教授)

【ミドル世代の転職の心得】いざというときのために備えておくべきことは?

出口治明(立命館アジア太平洋大学学長)

『龍使いになれる本』10万部超の著者大杉日香理と歴史NO.1雑誌『歴史街道』 編集長と行く! 香取神宮 日帰りバスツアー

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
『龍使いになれる本』10万部超の著者大杉日香理と歴史NO.1雑誌『歴史街道』 編集長と行く! 香取神宮 日帰りバスツアー

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。