ホーム » THE21 » スキルアップ » そもそも「数に強い」とはどういうことか?

そもそも「数に強い」とはどういうことか?

2018年05月28日 公開

永野裕之(永野数学塾塾長)

数字に興味を持てば、新しい世界が一気に広がる!

「数字に強い人が成功する」「ビジネスマンは数字力を磨くべき」などとよく言われるが、そもそも「数に強い」とはどういうことなのか、きちんと理解している人は少数派かもしれない。東大、JAXAを経て人気数学塾塾長を務める永野裕之氏によれば、「数に強い人」には3つの条件があるという。近著『数に強くなる本』を発刊した永野氏に、その3つの条件をうかがった。

 

「数に強い人」の3つの条件とは?

そもそも、数字が苦手な原因はなんでしょうか?

計算が苦手だからでしょうか?

学生時代に数学が苦手だったからでしょうか?

しかし、計算力を高めたり、数学を学び直したりするのは時間も労力もかかります。今更そんな勉強したくないというのが、多くのビジネスパーソンの本音ではないでしょうか?

安心してください。

仕事や生活の上で数字に強くなるためには、高い計算力は必要ありません。また、数学ができるかどうかも関係ありません。 

最初に私の考える「数に強い人」の条件を挙げておきます。この3つの条件を満たすことができれば、誰でも自他共に認める「数に強い人=数字を言葉のように扱える人」になれます。

(1)数字を比べることができる

(2)数字を作ることができる

(3)数字の意味を知っている

次のページ
数字を比べることができる――現金割引とポイント還元はどっちがお得? >



著者紹介

永野裕之(ながの・ひろゆき)

「永野数学塾」塾長

1974年、東京生まれ。暁星高等学校を経て東京大学理学部地球惑星物理学科卒。同大学院宇宙科学研究所(現JAXA)中退。レストラン経営、ウィーン国立音大への留学を経て、現在は個別指導塾・永野数学塾(大人の数学塾)の塾長を務める。これまでにNHK、日本経済新聞、プレジデント、プレジデントファミリー他、テレビ・ビジネス誌などから多数の取材を受け、週刊東洋経済では「数学に強い塾」として全国3校掲載の1つに選ばれた。プロの指揮者でもある(元東邦音楽大学講師)。著書に『東大教授の父が教えてくれた頭がよくなる勉強法』『数に強くなる本』(PHPエディターズ・グループ)、『大人のための数学勉強法』(ダイヤモンド社)など多数。

関連記事

編集部のおすすめ

数に強い人は、数字に隠された「ストーリー」を語る!

永野裕之(永野数学塾塾長)

「1メートル」が今の長さになった理由とは?

永野裕之(永野数学塾塾長)

孫正義社長に叩き込まれた「数値化」仕事術とは?

三木雄信(トライオン社長)

日本最大級の癒しイベント出展社募集中

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。