ホーム » THE21 » トピックス » 仕事が増えても給与は増えない!「パワードスーツ効果」とは?

仕事が増えても給与は増えない!「パワードスーツ効果」とは?

2018年06月13日 公開

<連載>「AI失業」前夜(1)鈴木貴博(経営戦略コンサルタント)

これから10年、あなたの周りで何が起こるのか?

「20年後、あなたの仕事が消滅する」……そのような話をよく聞くようになった。危機感を抱く人、「自分は逃げ切れる」と思う人、反応はさまざまだろう。だが、一つだけ言えることがある。それは現在、我々の周囲ですでに「仕事消滅の第一歩」が着々と進行しているということだ。

未来予測に定評があり、近著『AI失業前夜 ――これから5年、職場で起きること』を上梓した経営戦略コンサルタントの鈴木貴博氏に、今、そしてこれから10年にわたって起こるであろう大変化について語っていただいた。

 

なぜ、年々仕事が忙しくなっているのか

2035年には日本人の仕事の49%が人工知能に奪われて消滅するという。オックスフォード大学の論文やダボス会議のレポートなどの影響もあって、近未来に発生される「仕事消滅」を社会問題だと考える人も増えてきている。

私自身、先端技術がもたらすイノベーションの経営コンサルティングを本業にしている立場で入ってくるさまざまな情報を総合して捉えると、人類の仕事は着実に機械に奪われていくと確信するようになった。そしてそのことに警鐘をならすために『仕事消滅』(講談社)という本を著した。

20年後の仕事消滅は怖い話ではあるが「そんな未来の話であれば自分には関係ない」という方も少なくないかもしれない。それでは今起きていることについて話をしよう。われわれの仕事はなぜ年々、忙しく厳しくなってきているのか? そしてわれわれの給料はなぜ上がらなくなってしまったのか?

実は今起きているこの社会問題にも人工知能とスマホが関係している。この現象を説明する言葉が「パワードスーツ効果」である。パワードスーツとはSFの世界でヒーローたちが着る強化服のことで、それを身につけることで常人を超えた力を発揮できるようになるアイテムだ。

「パワードスーツ」で月の原稿執筆量が3倍に >

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

著者紹介

鈴木貴博(すずき・たかひろ)

経営戦略コンサルタント

東京大学工学部卒。ボストンコンサルティンググループ等を経て2003年に独立。過去20年にわたり大手人材企業のコンサルティングプロジェクトに従事。人工知能がもたらす「仕事消滅」の問題と関わるようになる。著書に『仕事消滅』(講談社)、『戦略思考トレーニング』シリーズ(日本経済新聞出版社)他があり、後者は累計20万部超のベストセラー。経済評論家としてメディアなど多方面で活動している。

関連記事

編集部のおすすめ

AI時代に生き残る仕事、なくなる仕事

神野元基(COMPASS CEO)

40代は「会社に頼らない生き方」を目指そう!

柳川範之(東京大学大学院経済学研究科教授)

これから10年、伸びる業界・沈む業界

池上浩一(野村ホールディングス シニア・コミュニケーションズ・オフィサー)、渡邉正裕(ジャーナリスト/MyNewsJapan社長兼編集長)


アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。