ホーム » THE21 » スキルアップ » 「伝説の営業マン」に聞いたアポイントの極意とは?

「伝説の営業マン」に聞いたアポイントの極意とは?

2018年07月02日 公開

一戸敏(エージェント代表取締役兼CEO)

スランプの理由は「アポの数」が9割

どんなに「売れる」営業マンでも、ベテラン営業マンでも「売れない時期」「スランプ」を一度は経験しているはずです。

では、それはどんな時なのか。

「いい商品がない」「忙しくて営業に出ることができない」などといろいろな言い訳やご託を並べる人もいますが、結局、売れない時というのは「売るお客様がいない時」。このたった一つの理由だと自分は考えています。

経営学者のP・F・ドラッカーは、会社が勝ち残るには「顧客を創造することが一番大切だ」と言い切っています。これは営業マンにとっても同じことです。

では、常にマーケットを創造する、お客様を創り続けるにはどうしたら良いのか。

結局、それは「アポイントの数」による。それが私の結論です。

何を当たり前のことを、と思われるかもしれません。ただ、営業を始めて2、3年はアポイントの数を意識していても、営業経験が長くなればなるほど、誰もがそれを忘れてしまう傾向があるのではないでしょうか。

 

伝説の営業マンは「1週間で13件のアポ」を取る

結局、営業マンは「アポイントの数」だということを私自身、痛感したことがあります。それは、生命保険業界が世界に誇る保険営業の神様、トニー・ゴードン氏の話を聞いた際のことです。

トニー・ゴードン氏をご存知でしょうか。「1週間に13件の新規見込客のアポイントを入れる」ことを20年以上も実践し、全く無名の営業マンから、保険業界では知らない人がいないほどの伝説の営業マンとなった人物です。

彼が来日した時、直接質問をする機会に恵まれました。

そこで私は、二つの質問をしてみました。

「1週間に13件の新規アポイントを入れられなかったことがあるか」

「新規のお客様が枯渇した時、どんな手段で見込客を探してくるのか」

最初の質問に対し、ゴードン氏は優しい顔をしながらも、「No Way(そんなことあるわけがない)」と言いました。

そして、「見込客がいつか枯渇するかもしれない、という恐怖を味わうくらいなら、どんな手段を使ってでもまずアポイントを入れるのが営業マンだ」と答えてくれました。そして、「1週間に13の新規アポイント」というのは、彼が自分の経験の中から導き出した、見込み客が決して枯渇しない数字だというのです。

このアポイントの数はもちろん、業界によって違うでしょう。ただ、どんな仕事においても、「営業マンとして成功するためのアポイントの数、有効面談数」というのはあるはずで、これを正確に把握していない営業マンは「絶対に」売れる営業マンにはなり得ません。

 

「ために」を100個、考えてみよう

2つ目の質問に対しての答えも、非常に明確で簡潔でした。

「Whatever it takes,I must get appointment(どんなことがあっても、私はアポイントを取らなければならないんだよ)」

続けて彼が教えてくれたのは、「では、見込み客を創る“ために”どうしたらいいか」「見込み客を枯渇させない“ために”どうしたらいいか」を考え、できることを100個出してみるといい、というものでした。

たとえば、「そのために新しい人と会う」「そのために紹介を依頼する」「そのために自分の広告をする」「そのために既存客周りをする」……など。それは営業マン一人一人違うでしょう。でも、もしそれを100個考えることができたなら、あなたは絶対に成功する営業マンになれる。ゴードン氏はそう教えてくれたのです。

私自身、このゴードン氏のやり方を徹底的に真似してきました。その結果、今日にいたるまで見込み客がいない、という状況には陥っていません。

 

スランプの時ほど「数」にこだわるべき

営業の仕事とは何か、と聞かれた際、「お客様のお役に立つ」「社会に貢献する」と言う人がいます。それはもちろん大事なことなのですが、結局、そのためには「モノやサービスを売る」ことが必要ですし、さらにそのためには、「常にお客様を確保する」ことが不可欠なのです。

スランプの時、行き詰まった時こそ初心に帰り「アポイントの数」にこだわってみてはいかがでしょうか。厳しいことを言うようですが、「いくら綺麗事を言ったって、営業マンは売ることができなくなったら終わり」なのですから。



著者紹介

一戸 敏(いちのへ・さとし)

保険代理店(株)エージェント代表取締役兼CEO

北海道札幌市出身。明治大学商学部中退。会計事務所勤務を経て28歳で保険業界に転身。営業マンとして数々のタイトルを獲得すると同時に、自身が経営する株式会社エージェントを大型化し、グループ全体で300名ほどの組織を形成し、グループ全体で取扱高100億以上の企業にまで成長させる。
住宅・不動産会社(株)FIND会長兼ファウンダー。米国保険ブローカーAgent America co.,ltd Director。保険業界の称号であるMDRT終身会員(18年連続登録)、MDRT COT11回登録、MDRT TOT2回登録。

関連記事

編集部のおすすめ

売れない営業マン「5つの言動」とは?

一戸 敏(エージェント代表取締役兼CEO)

売れる営業にとって「なるほどですね」「一応」はNGワードと心得るべし

大塚寿(営業サプリ)

確実に契約に結びつく営業マンの心理テクニック6 

菊原智明(営業コンサルタント)

『龍使いになれる本』10万部超の著者大杉日香理と歴史NO.1雑誌『歴史街道』 編集長と行く! 香取神宮 日帰りバスツアー

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
『龍使いになれる本』10万部超の著者大杉日香理と歴史NO.1雑誌『歴史街道』 編集長と行く! 香取神宮 日帰りバスツアー

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。