ホーム » THE21 » スキルアップ » 明日からアラーム不要!心地よい目覚めをもたらすホルモンとは?

明日からアラーム不要!心地よい目覚めをもたらすホルモンとは?

2018年07月30日 公開

営業サプリ編集部

目覚めのカギを握る「コルチゾール」とは?

それなりに眠っているのに、朝起きられない。目覚まし時計を止めて、また二度寝をしてしまう…。そんなグダグダな朝は、なんとかしたいもの。寝起きが悪い人の原因は様々だが、その1つとして、目覚めの際に働くホルモン「コルチゾール」がタイミングよく分泌されていない可能性があるという。ぜひコントロール法を覚えて、アラームが鳴る前にスッキリ目覚める朝を迎えよう。

シャキッと起きるための目覚めのホルモン
コルチゾールをコントロールする方法
1 睡眠を含めた生活サイクルを整える
2 「自己覚醒」で起きる時間を強く念じる

 

目覚めのホルモンの正体はストレスホルモン!?

心地よい眠りに誘う睡眠ホルモン「メラトニン」に対し、シャキッと目覚めるための準備を整えてくれるホルモンが「コルチゾール」だ。交感神経と密接に結びついており、起床直後のエネルギーを作り、血糖値を上げるなど、活動に適した状態へと頭と体を覚醒させる働きがある。

つまり、気持ちよく目覚めるには、目覚めたいタイミングでコルチゾールが出るようにすればよい。コルチゾールは起床前から分泌が始まり、1日の中では起床直後に最も濃度が高くなる。そのためには、決まった時間に眠り、起床することが大切だ。繰り返すようだが、睡眠を含めた1日のライフサイクルを整えることが大切なのである。

しかし、コルチゾールに影響するのは、生活サイクルだけではない。コルチゾールは「ストレスホルモン」とも呼ばれるほど、ストレス刺激に対して敏感に反応し分泌される。すると防衛反応としてドキドキと動悸が速くなり、血圧が上昇し、外敵から身を守るための臨戦態勢を整える。ストレスの多い現代社会ではコルチゾールの増加による自律神経や免疫系のトラブルが問題になっているが、本来は生きるために備わった大切な機能なのだ。

次のページ
目覚まし不要の「自己覚醒」でシャキッと目覚める! >



著者紹介

営業サプリ編集部(えいぎょうさぷりへんしゅうぶ)

「どうしたらもっと売れるようになるのか?」「もっと効率的に仕事をこなすにはどうしたらいいのか?」こうした営業パーソンの悩みを解決し、営業を元気にする情報メディアが「営業サプリ」です。売れる営業養成講座を始め、時間管理の方法やうまく睡眠をとるためのコツなど、営業パーソンを様々な角度からサポートする情報を、日々お届けしています。
https://goo.gl/MAvRsQ

THE21 購入

11月号

The21 11月号

発売日:2019年10月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

眠りに効くと思っていることが逆効果!?入眠儀式の誤解とNG

営業サプリ編集部

明日のプレゼンが気になって…“眠れない”を科学する

営業サプリ編集部

何時間寝るのが正しい?自分にあった睡眠時間の見分け方

営業サプリ編集部
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中
×

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。