ホーム » THE21 » インタビュー » 新しい「お金の価値観」の中でどう稼ぐか?

新しい「お金の価値観」の中でどう稼ぐか?

2018年09月13日 公開

冨田和成(ZUU代表取締役)

人生100年時代に必須の「お金のPDCA」とは?

フリマ市場の活況やシェアリングビジネスなど、新しいお金の価値観が次々に生まれてきている。これまでとは違う価値観の中でお金を稼ぐための、新しい「お金のリテラシー」とは。現代の金融メディアの最前線で発信を続けるZUU代表取締役、冨田和成氏に話をうかがった。

 

「時間の切り売り」からお金で時間を買う時代に

 ベストセラー『鬼速PDCA』の著者であり、金融メディア「ZUU online」を運営する[株]ZUU代表取締役の冨田和成氏。日本・アジアから金融業界を見てきた冨田氏は、昨今のお金を取り巻く状況について、「変化のスピードの速さ」を指摘する。

「近年、時代の変化のスピードが以前に比べてとても速い。それによって、新しい価値観が次々に生まれてきています。

 その一つが中古市場。中古市場の拡大で、“なるべく高く売れるものを買って、なるべく高く売る”という新しい価値観が生まれた。『メルカリ』などフリマ市場の活況も、中古市場の拡大を後押ししています。

“自分の持っているものを貸して稼ぐ”というシェアリングビジネスもその一つ。部分的に所有しながら細かく稼いで利回りを得る仕組みは、様々な分野で見られる新しい価値観です」

 また、「時間とお金」の概念も変わってきている。企業で働くビジネスパーソンは、「自分の時間」を会社に売って、「お金(給料)」を得ている。しかし、これからは「お金で時間を買う」時代になると言う。

「今の会社員は自分の時間を切り売りしている状態。しかし、それで稼ぐには限界があります。ですから、『自分の時間』をどう使えば最大のリターンが得られるのかを考えるべきです。そのためには、やるべきこととそうではないことを明確にして、本当に必要な仕事、稼げる仕事のみにフォーカスする必要がある。

 場合によっては、“時間をアウトソースする”という発想も必要になります。つまり、お金を使ってでも、仕事の一部や家事を他人に任せたほうがリターンを最大化できるのなら、むしろコストをかけるべきこともあるでしょう。ただし、そのためには、自分のお金を自分でコントロールする能力が、あらゆる人に不可欠となります」

自分を「会社」に見たてお金を管理する >

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

著者紹介

冨田和成(とみた・かずまさ)

[株]ZUU代表取締役

1982年、神奈川県生まれ。一橋大学卒業後、野村證券[株]入社。支店営業にて数々の会社史上最年少記録を樹立し、本社の超富裕層向けプライベートバンク部門に異動。ビジネススクール留学やタイでのASEAN地域経営戦略担当などを経て、2013年に[株]ZUUを創業。月間500万人を集める「ZUU online」をはじめとする複数のお金のメディアを運営。著書に、『稼ぐ人が実践しているお金のPDCA』(KADOKAWA)など。

関連記事

編集部のおすすめ

定年後、「なんとかならない」時代が到来する!

井戸美枝(経済エッセイスト)

お金持ちが皆、秘かに実践している財布の秘密

藤川 太(ファイナンシャルプランナー)

あなたに一番合った投資手法を探そう!

風呂内亜矢(ファイナンシャルプランナー)


WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。