ホーム » THE21 » スキルアップ » 生産性がひと目でわかる!「時間クリエイト」手帳術

生産性がひと目でわかる!「時間クリエイト」手帳術

2018年11月12日 公開

高塚苑美(グローバルセールスパートナーズ代表取締役)

予定は「1カ月」より「2週間」ごとに俯瞰しよう

手帳は予定を書いて「埋める」ものだと思っている人は多いのではないだろうか。複数の会社を経営し、毎週のように出張もこなす高塚苑美氏は、手帳とは、予定で自分の時間を「埋めない」ために使うものだという。では、そのために何をどのように書くべきなのか。「自分の時間を作り出す」ための手帳術についてうかがった。(取材・構成=林加愛)

 

手帳の目的は「時間の可視化」

手帳を開いて、びっしり予定が埋まっていると「カッコイイ」――そんなふうに思っている人は多いかもしれません。

しかし、そうした詰め込み型の仕事は、いずれ疲弊を招きます。なぜなら仕事には「予定外」がつきものだからです。手帳に書いていなかった突発事項に追われるうち、全体がどんどん後ろ倒しになり、残業や休日出勤へとずれこむのです。

しかも立場が上がるほど、予定外は増えるもの。急なミーティング、部下のフォローなど様々なニーズが多発的に起こり、あっという間に自分の時間がなくなります。

私自身も、そうした経験をしてきました。そこで始めたのが、手帳の使い方を180度転換させることでした。「埋める」のではなく、時間を「作る」手法へと変えたのです。手帳を見て、「どこで時間を取れるか」がすぐにわかり、自分の時間を確保できること。単なる用事の羅列ではなく、「働き方」まで管理すること。これが私の手帳の使い方です。

つまり手帳を使う目的は、時間の可視化。この目的を果たす上では、デジタルよりも紙の手帳のほうが便利です。スマホの画面では俯瞰がしづらく、パソコンは起動に時間がかかります。

ただ、デジタルには「予定の共有」ができるという利点がありますので、スタッフと共有する必要のあることはデジタルに入力する、といった具合に使い分けています。

 

3色の色分けで「生産性」が見える!

先述した「働き方の管理」ができる手帳の使い方について、具体的にお話しします。まずは、マンスリーページの記入方法についてです。

月の予定を立てるとき、私は最初にプライベートの時間を確保します。ジム通い・趣味・ディナー・今後のために必要な勉強など。具体的な内容を入れずにただ「休み」にする日もあります。

ここでポイントになるのが、色分けです。これらのプライベートは、すべて緑色で記入します。仕事は黒で記入しますが、黒の合間には、ちょくちょく赤色の文字や下線が登場します。

この赤色は生産性の高い仕事を意味します。商談・企画提案・講演など、売上に結びつく仕事です。色分けすれば、ひと月のうちどれだけ生産性のある仕事をしているかが一目瞭然。赤が少ない月は少々焦らなくてはならない、というわけです。

これは輸入車の営業に携わっていた頃に考えついた方法。成績を向上させるには、ある程度長めのスパンを視野に入れ、その中で生産性を高めることが決め手だったのです。

 

次のページ
予定は1カ月ではなく「2週間」で管理すべき >



著者紹介

高塚苑美(たかつか・そのみ)

〔株〕グローバルセールスパートナーズ代表取締役

〔株〕宙代表取締役。慶應義塾大学SFC研究所所員。同志社大学卒業後、ニュージーランドへ遊学。帰国後、輸入車ディーラーでトップセールスとして活躍し、8年で800 台の販売を記録。2011年よりセールス&マーケティングコンサルタントとして活躍。講演、執筆の他、 国内では伝統文化や地方活性化プロジェクト等にも数多く携わり、老舗や農家、自治体まで幅広いクライアントを持つ。著書に、『超一流の手帳はなぜ空白が多いのか』(ソフトバンククリエイティブ)などがある。

関連記事

編集部のおすすめ

紙に書くからこそ、情報が即座に引き出せる

松井忠三(良品計画前会長)

時間を計測しムダをなくす手帳術

石田 淳(ウィルPMインターナショナル代表取締役)

Googleカレンダーでスケジュールをデジタル管理

THE21編集部編

『龍使いになれる本』10万部超の著者大杉日香理と歴史NO.1雑誌『歴史街道』 編集長と行く! 香取神宮 日帰りバスツアー

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
『龍使いになれる本』10万部超の著者大杉日香理と歴史NO.1雑誌『歴史街道』 編集長と行く! 香取神宮 日帰りバスツアー

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。