ホーム » THE21 » スキルアップ » 相手の心をつかむ! 使える「語彙力」とは?

相手の心をつかむ! 使える「語彙力」とは?

2018年10月02日 公開

山口拓朗(伝える力【話す・書く】研究所主宰)

状況に合わせ、「言葉」を使い分けていますか?

近年、「語彙力が必要だ」という話をよく聞く。確かに、様々な言い回しや表現をできる人は一目置かれるようだ。しかし、重要なのは、難しい言葉を知っていることではないと、「伝える力」の専門家である山口拓朗氏は言う。本来の語彙力とはどのようなものなのか。

 

難しい言葉ではなくバリエーションを持とう

 語彙力はビジネスパーソンにとって欠かせないスキルの一つです。とはいえ、難しい語彙を駆使せよと言っているわけではありません。むしろ、様々な世代の相手に通じる「言葉のバリエーション」をいかに豊富に持っているかが決め手。平易でありつつも、意味合いの細かな違いを的確に示すことで、解釈のブレなく物事を伝えられます。

 こうした正確さと同時に重要なのが、丁寧さです。いくら的確でも、失礼な表現ならば、やはり相手は不快感を持ちます。能力に自信のある方や、ポジションが高くなる40代以降の方々は特に要注意。敬意を欠いた言葉で相手に悪い印象を持たれていないか、気をつけたいところです。

 丁寧な表現というと「敬語が使えればいい」と思われがちですが、意外な盲点もあります。それが「クッション言葉」。依頼の際に添える「大変お手数をおかけしますが」、誘いを断るときの「行きたいのは山々ですが」、催促時の「お忙しいところ恐縮ですが」などのひと言です。

 これらの言葉は、言いづらいことを言うときに役立ちます。相手に快く対応してもらえるひと工夫が、目的を迅速に果たすことにつながるのです。

 メールの際は、会話よりもさらに丁寧になるように気を配りましょう。メールは身振りや表情などが伝わらないぶん、きつい印象を与えやすいからです。

 ここでも、必要なのはバリエーションです。例えば「お世話になっております」は定番の挨拶ですが、毎回同じでは無味乾燥。ときには「いつもご尽力いただき感謝しております」などの変化をつけたいところです。

 久々の連絡なら「ご無沙汰しております」、直近のやりとりを踏まえて「その節はお世話になりました」と添えるのも良い方法。関係性に応じた、相手ごとにオリジナルの表現ができれば、信頼関係をより強められます。

 さて、この関係性は時間経過とともに変わっていくものでもあります。初期のかしこまった表現を、距離が縮まったあとになってもずっと続けていたら、今度は「よそよそしい」という悪印象につながります。

 この匙加減をはかるコツは、相手の返信の文面を見ること。相手が親しげなトーンで返してくれば、同じトーンで返しましょう。その結果、「幸いに存じます」「幸いです」「嬉しいです」と、カジュアルダウンしていくなら失礼にはあたりません。こうした対応も、語彙力の見せどころ。様々な相手とのやり取りの中で「こんなときには、この表現がいいな」と思うものに出合えたらこまめにストックし、引き出しを充実させましょう。

次のページ
「言葉は生きもの」と心得ること >



著者紹介

山口拓朗(やまぐち・たくろう)

伝える力【話す・書く】研究所主宰

1972年生まれ。出版社で編集者・記者を務めたのち独立。ライター&著述家として3,000件以上の取材・執筆歴を誇る。現在は、執筆活動に加え、講演や研修を通じて、ビジネス文書の書き方からSNSでの情報発信術まで多彩なノウハウを提供する。中国の5大都市で「Super Writer養成講座」も定期開催中。最新刊『できる人が使っている大人の語彙力&モノの言い方』(PHP研究所)。

関連記事

編集部のおすすめ

売れる営業にとって「なるほどですね」「一応」はNGワードと心得るべし

大塚寿(営業サプリ)

“語彙力”は出世にも響く⁉ あなたは大人の言葉づかいができていますか?

吉田裕子

異性を敵に回さないための伝え方の「ひと工夫」

黒川伊保子(感性アナリスト)

『龍使いになれる本』10万部超の著者大杉日香理と歴史NO.1雑誌『歴史街道』 編集長と行く! 香取神宮 日帰りバスツアー

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
『龍使いになれる本』10万部超の著者大杉日香理と歴史NO.1雑誌『歴史街道』 編集長と行く! 香取神宮 日帰りバスツアー

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。