ホーム » THE21 » スキルアップ » 話すための瞬発力がぐんぐん伸びる「瞬間英作文」とは?

話すための瞬発力がぐんぐん伸びる「瞬間英作文」とは?

2019年02月25日 公開

森沢洋介(六ツ野英語教室塾長)

文型を口に馴染ませて、頭の中に「英作文回路」を作る

 

 実際の場面で英語を使えるようになるためには、伝えたいことが口から瞬間的に出てくるようにならなければならない。ある程度、英語が身についても、これはなかなか難しいが、「瞬間英作文」という勉強法によって鍛えられるという。考案した森沢洋介氏に、その方法を聞いた。

 

英語が「わかる」から「できる」へ変える

 受験勉強のおかげで難しい構文もわかるし、英単語もある程度知っているのに、いざ話そうとすると簡単な英文さえ口から出てこない――。そんな人は多いと思います。

 つまり、英語を話すためには、英語が「わかる」だけでは不十分だということ。そこから英語が「できる」状態へと変えるための効果的な学習トレーニングが「瞬間英作文」です。

 その方法はとてもシンプル。中学校で習うレベルの簡単な英文を、即座に、そして大量に、声に出して作るというもの。これを繰り返すことで、言いたいことをすぐに言うための「英作文回路」が頭の中に作られます。

「中学英語なんて、もうわかっている」と思うかもしれませんが、先ほど言ったように、「わかる」と「できる」の間には天と地ほどの差があります。私自身、それを痛感したことが、この「瞬間英作文」を生み出すきっかけになりました。

 

考えながら話していると会話が成立しない!

 私は20歳過ぎから本格的に英語の勉強を始め、音読を中心としながら、ペーパーバックや英字新聞などをたくさん読みました。そのことで、英語の基礎力はかなりついたという自信がありました。

『Newsweek』や『Time』も英語で読めましたし、英語のニュースやインタビューもかなり聞き取れるようになりました。

 ところが、英語を話そうとすると、簡単な文章さえ出てこないのです。

 例えば、日本語を話す外国人に会って、「日本語がお上手ですね。どれくらい勉強したのですか?」と言いたいときに、「You speak Japanese very well.」まではなんとか言えるのですが、そこからが大変です。

「どのくらい」だから、「How much」か? いや、長さを聞くんだから「How long」だな。次は「you study」で……違うぞ、疑問形だから「do you study」にしなくちゃ。おっと、過去形だからdoではなくてdidにしないと。待てよ、この場合は現在完了形になるのか……?

 こんなことを頭の中でぐるぐる考えながら話そうとするので、会話のスピードにまったくついていけず、自分が言いたいことも正しく伝わりません。こんな体験を何度もした末に、私は、「英文を反射的に作る力を養うしかない」と考えました。

 そのための勉強法として、私が参考にしたのが「短文暗唱」です。

 これは古くからある外国語の習得法で、簡単な文章を機械的にたくさん作って暗唱するというものです。

 当初は単調でつまらない勉強法に思えて敬遠していましたが、「どうしても英語を話したいなら、これしかない」と腹をくくって取り組んだところ、自分でも驚くほどの劇的な効果が出ました。始めて半年もしないうちに、基本的な文型がスラスラ口から出るようになり、その後、英語圏で暮らすことになった際も、ネイティブと十分にコミュニケーションが取れて、仕事や生活をするうえでまったく不自由しませんでした。

 

次のページ
バカらしく思うくらい易しい英文から始めよう >



著者紹介

森沢洋介(もりさわ・ようすけ)

六ツ野英語教室塾長

1958年、兵庫県生まれ。青山学院大学文学部フランス文学科中退。大学入学後、独自のメソッドで、日本を出ることなく英語を習得。予備校講師などを経て、89年から3年間、アイルランドのダブリンで旅行業に従事。TOEICスコアは985点。現在は、千葉県浦安にて英語教室を主宰。著書に『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』シリーズ(ベレ出版)などがある。

関連記事

編集部のおすすめ

スピーキング力を高める!オンライン英会話「カスタマイズ」法

嬉野克也(オンライン英会話アドバイザー)

40代からの英語は 「専門領域」だけを集中強化しよう

山元賢治(コミュニカCEO)

元CA直伝! すぐに使えるスマートな英語フレーズ集

元CAコミュニティ「ソライロモンド」

日本最大級の癒しイベント出展社募集中

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。