ホーム » THE21 » トピックス » 「健康」「発酵」「乳酸菌」のテーマパークが埼玉・飯能に2020年春オープン予定

「健康」「発酵」「乳酸菌」のテーマパークが埼玉・飯能に2020年春オープン予定

2019年02月06日 公開

THE21編集部

漬け物メーカー・ピックルスコーポレーションが新規事業

 


左から、テーマパークを運営する〔株〕OH社長に就任予定の尾中真二氏、〔株〕ピックルスコーポレーション社長・宮本雅弘氏、同会長の荻野芳朗氏

 

 2月6日(水)、さいたま市大宮区で、キムチの『ご飯がススム』シリーズなどで知られる東証1部上場の漬け物メーカー・〔株〕ピックルスコーポレーションの新規事業発表会が行なわれた。埼玉県飯能市にある能仁寺の敷地内に、2020年春、9,952平米のテーマパークをオープンさせるというものだ。

 

 テーマパークの基本テーマは「健康」「発酵」「乳酸菌」。今年3月にピックルスコーポレーションが100%出資して設立する予定の〔株〕OHが運営する。

 ピックルスコーポレーションは「浅漬け」「キムチ」「惣菜」の製造・卸販売を事業の3本柱としてきたが、新規事業として、製造した商品を消費者に直販するBtoC事業に取り組んでいる。テーマパークをオープンさせる目的の一つも、消費者に直接、情報発信をすることだ。

 パーク内には、カフェとレストラン、ショッピング棟、体験・ワークショップ棟の4棟が建設され、初年度は7億円、将来的には年間10億円の売上げを目指す。地元客や既存の観光客に加えて、外国人観光客もターゲットにし、漬け物という日本の伝統文化を伝える施設にする。

 能仁寺は天覧山の麓にあり、豊かな自然と美しい景色に囲まれている。1501年の建立とされる由緒ある寺で、坐禅や写経、朝粥や精進料理などのイベントでタイアップをするという。



関連記事

編集部のおすすめ

「ふるさと納税」サイトを運営するトラストバンクが、自治体職員の働き方改革を支援

THE21編集部

岡山大学とストライプインターナショナルが起業家精神を養うプログラムを開講

THE21編集部

「ミドリムシ×麹」で酵素の力を増強。ユーグレナが『みどり麹』を開発

THE21編集部

日本最大級の癒しイベント出展社募集中

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。