ホーム » THE21 » トピックス » Q&Aでわかる!初めての不動産投資

Q&Aでわかる!初めての不動産投資

2019年04月22日 公開

小林昌裕(副業アカデミー代表)

サラリーマン大家さんから始めて年収1億円!成功のポイントは?

不動産投資に興味があっても、まず何から始めれば良いのか、具体的にはどんな段取りで進めれば良いのか等、始める前に知っておきたいことは色々とある。サラリーマン大家さんから始め、今では副業の学校「副業アカデミー」を主宰する小林昌裕氏に、よくある疑問についてQ&Aで教えてもらった。(取材・構成=内埜さくら)

 

始める前に必ず最低限の知識をつけよう

実物資産を得たうえで、安定した家賃収入を得られる不動産投資は、ビジネスパーソンの副業として最初にお勧めしたい投資方法です。もちろん、高い買い物ではありますが、会社員なら安定した給与が得られるため、融資を受けやすいということもあります。僕自身も、サラリーマンだった頃に不動産投資から始め、今では独立して副業を教える学校を主催しています。

では、誰もが簡単に成功できるかというと、もちろんそんなことはありません。不動産投資で失敗するのは、「易きに流れる」人。最低限の知識を習得するという手間をかけずに、見切り発車で始めてしまう人が意外といるのです。不動産投資を始める前の勉強は絶対に必要です。自分の中に「この物件は買うべきか、買わないほうがいいか」といった判断基準を持つためにも、学びは不可欠です。

勉強というとハードルが高く感じるかもしれませんが、不動産に関する勉強は、収支の計算方法や空室を埋めるための施策や対策、地震や火事、修繕が起きたときに保険を使う方法などです。それほど難しいものではありません。本を読んだり先輩大家さんの話を聞いたりすれば、必ず身につきます。

 

「買わない理由」を見つけすぎないこと

事前学習を経て、いざ物件の購入段階になって尻込みしてしまうことも。挑戦することには多少のストレスがかかるものですから、「やらない理由」を見つけたがるものです。ここまで来たら、「買わない理由を見つけすぎない」ことが大切です。

初めて不動産投資をするときは、僕も「怖い」という感情を抱きました。「入居者が決まらなかったらどうすればいいのか」「地震が起きて建物が倒壊したらどうなるのか」など、不安のネタは尽きませんでした。しかし、僧侶の枡野俊明氏の著書に、『心配事の9割は起こらない』という本がありますが、このタイトルのように、心配事の90%は起きません。残り10%のリスクについても、事前に想定して対策を立てておけばほぼ乗り越えられると体験しました。

不動産投資は、自分の人生の目標に到達するための手段です。興味のある人は始めて、収入複線化につなげてみてはいかがでしょうか。

 

次のページ
Q 初心者はまず、何から始めるべきですか? A まずは本やセミナーで勉強しよう >



著者紹介

小林昌裕(こばやし・まさひろ)

副業アカデミー代表/レべクリ代表取締役

1982年、東京都生まれ。2009年にサラリーマンをしながら、不動産投資を始める。14年に退職し、現在は、20余りのキャッシュポイントを持ち、クライアントの収入の柱を増やす活動に尽力している。副業を教える学校「副業アカデミー」代表、明治大学リバティアカデミー講師。著書に、『ふがいない僕が年下の億万長者から教わった「勇気」と「お金」の法則』(朝日新聞出版)、最新刊『サラリーマン副業2.0』(PHPビジネス新書)などがある。

THE21 購入

2019年8月号

The21 2019年8月号

発売日:2019年07月10日
価格(税込):630円

関連記事

編集部のおすすめ

なぜ、不動産投資は「サラリーマン向けの投資」なのか?

稲垣浩之(税理士)

7ステップでわかる!初めての不動産投資

河田康則(カーター不動産代表)

40代に待ち受ける「老後貧困」 "定年まで正社員"は一部エリートのみ

小林昌裕(副業アカデミー代表)

稼げる舞台を増やそう!40代からの「副業」入門

中野裕哲(V-Spiritsグループ代表)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。