ホーム » THE21 » トピックス » 邦訳が続々!「韓国文学」が人気の理由とは?

邦訳が続々!「韓国文学」が人気の理由とは?

2019年04月17日 公開

金承福(クオン代表取締役)

平野啓一郎氏ら、日本の作家も絶賛

 

 最近、書店で韓国の小説の邦訳を見かけることが多くなった。その背景には、何があるのか? 韓国関連コンテンツ専門の出版社・クオンを創業し、経営している金承福氏に、話を聞いた。

 

韓流ブームでも小説は少なかった

 テレビドラマ『冬のソナタ』が初めて日本で放送されたのが2003年。翌年頃から韓流ブームが巻き起こった。

 しかし、金承福氏がクオンを創業した07年の時点では、日本の書店に韓国の小説はほとんど並んでいなかったという。

「1990年代から日韓文学者会議(現在は中国も含めた東アジア文学フォーラム)が開催されていて、作家同士の交流はありました。この会議に参加した韓国の作家の作品が日本語に訳されて文芸誌に掲載されることはありましたが、本になっているものは少なかったですね。

 韓国語に訳されている日本の小説は当時から多かったので、韓国の作家はそれを読んで会議に参加するのですが、日本の作家は韓国の作家の作品を読むことができず、いつも困っていました。『あなたの作品を読んでいなくて申し訳ないのですが……』という言葉が枕詞のようになっていたくらいです。この会議のために、わざわざ仮訳をすることもありました」

 また、数は少ないながらも日本語訳されていた作品も、広い読者層を獲得できてはいなかったという。

「南北分断をテーマにしたものや民族主義的なものが日本語訳されて、一部の政治に関心がある人たちに読まれていました。

 けれども、人間の普遍的なものを描いていて、日本人にも共感できる作品もたくさんあるのに、それらが翻訳されていないのはもったいないと思っていました」

 

次のページ
「韓国文学」のコーナーを書店に作るところから >



著者紹介

金 承福(キム・スンボク)

〔株〕クオン代表取締役

1969年、韓国生まれ。91年、留学のために来日。93年、日本大学芸術学部に入学し、文芸評論を専攻する。卒業後、広告会社を経て、2001年に独立。07年、〔株〕クオンを設立。K-BOOK振興会を立ち上げ、その事務局長も務めている。15年には神保町に韓国語原書・韓国関連本を専門に扱うブックカフェ「CHEKCCORI(チェッコリ)」をオープン。

関連記事

編集部のおすすめ

【特別対談】「フィルムメーカーが化粧品をつくる」という前代未聞のチャレンジ

古森重隆(富士フイルムホールディングス代表取締役会長・CEO)×江上剛(作家)

人気作家・清涼院流水の「魔法のように成果が出る」英語勉強法

清涼院流水(ミステリー作家、「The BBB」編集長)

話題集中!「ビジネス小説」~土井英司が選ぶ “いまおすすめの10作”

土井英司(エリエス・ブック・コンサルティング代表取締役)

日本最大級の癒しイベント出展社募集中

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。