ホーム » THE21 » トピックス » 真夜中の大事故。そのとき、ウガンダの人たちは……?(ウガンダ3)

真夜中の大事故。そのとき、ウガンダの人たちは……?(ウガンダ3)

2019年03月18日 公開

<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち(43)石澤義裕(デザイナー)

丑三つ時のウガンダにて


ローカルファッションショーのモデル。移民したオランダ人がパーティを主催。主役は地元ウガンダ人ですが、来賓は欧米人。

丑三つ時の赤道直下、ウガンダ。

タクシーに乗っていたら、酔っ払い運転の車が突っ込んできて、ほぼ正面衝突。

我が家存亡の大事件が勃発です。

妻Yukoは顔面血だらけで横たわり、ぴくりとも動かぬスプラッター。

こいつはあかん……、と思ったものの、この時はまだナニが起きたのかもよくわからず。

朦朧とする意識のなか、道路の真ん中まで這い出て、

HEEEEEEEEEEEEELP!

自分史上最高にテンパっていたわけですが、救急車をAmbitious!と叫ぶ寸前で思いとどまったのは、せめてもの幸いです。

 

親切かつ商売上手なタクシー運転手

翌朝、うわごとを言い続ける半死半生のYukoをベッドに残して、警察署へ。

付き添ってくれたのは、昨夜ボクらを救急病院へ運んでくれたタクシーの運転手です。

この日から3日間、警察、病院、宿、その他の送迎にとどまらず、諸手続きのサポートをしてくれたのが、彼です。

頼みもしないのになんて優しい人なんでしょうと、涙を流さんばかりにお礼をする寸前、タクシーの貸切料金を請求されたので、人情と営業の境目は難しいものです。

いずれにせよ、彼の証言とサポートがあったからこそ、このアウェーの地で滞りなく被害届けを作成できたのです。

感謝感激を捧げると同時に、情けを売り上げに換えた手腕に感心し、うらはらにウガンダ警察の体たらくもまた感慨深いものです。

流行作家の高速執筆をしのぐ、芸術的な書類作成技術。

情や真実にほだされない頑固さは、ピンポイントに誤りを指摘されても決して正さず、謝らず。

赤道直下ですが、日出ずる国の首相と似ています。


ひょうたん売りの少年。いろんなポーズでひょうたんを口にして、売り込みます。買わなかったけれど、がんばっ!

次のページ
警察官は名作家だった!? >



著者紹介

石澤義裕(いしざわ・よしひろ)

デザイナー

1965年、北海道旭川市生まれ。札幌で育ち、東京で大人になる。新宿にてデザイナーとして活動後、2005年4月より夫婦で世界一周中。生活費を稼ぎながら旅を続ける、ワーキング・パッカー。

THE21 購入

2020年1月号

The21 2020年1月号

発売日:2019年12月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

配車アプリも形無し!?ウガンダのタクシー事情とは(ウガンダ2)

<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち(42)石澤義裕(デザイナー)

デザインに大切なことはすべて、ウガンダのマンションから教わった(ウガンダ)

<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち(41)石澤義裕(デザイナー)

生まれ変わった「奇跡の国」の、表現力に乏しい人々(ルワンダ)

<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち(37)石澤義裕(デザイナー)
東京・京都で開催! 大杉日香理先生トークセミナー 3年先の未来を創る2020年の過ごし方

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
東京・京都で開催! 大杉日香理先生トークセミナー 3年先の未来を創る2020年の過ごし方

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。