ホーム » THE21 » インタビュー » 人生を豊かにする!会社員のためのNPO活動のススメ

人生を豊かにする!会社員のためのNPO活動のススメ

2019年04月26日 公開

廣優樹(NPO法人二枚目の名刺代表)

「できること」より「やりたいこと」を優先しよう!

「副業」というと、「副収入を得るためにコソコソとやるもの」というイメージを持っている人も少なくないだろうが、収入以外に得られるものも多くある。もっと言えば、収入にならなくても、会社以外の場で活動することには、重要な価値があるのだ。会社員が無償でNPO活動をする支援を行なっている廣優樹氏に話を聞いた。

 

「与えられた人生」から「自分で選択する人生」へ

 会社員として商社に勤務しながら、「NPO法人二枚目の名刺」代表も務めている廣優樹氏。この団体は、文字通り、会社の名刺とは別にもう1枚名刺を持ち、社外での活動に取り組む人を支援しようというものだ。ただし、ここで言う「二枚目の名刺」は、副収入を得るための名刺のことでもなければ、趣味の世界で人脈を広げるために作る名刺のことでもない。

「例えば、NPOの活動に参加するときや、自分自身で何かのプロジェクトを立ち上げるときには、会社以外の新たな名刺が必要になりますよね。私たちが言う『二枚目の名刺』とは、自分が社会を創る活動に関わるときに持つ名刺のことです。

 こうした活動に自ら飛び込むことは、会社だけの生活を送るのとは大きく違います。会社では、所属する部署も、一緒に働く同僚も、担当する業務も、すべて組織から与えてもらえます。そして、与えられた役割を確実にまっとうすることが一番大事。けれども、『二枚目の名刺』の活動では、どんなテーマにどう取り組むか、すべて自分で考えて選択しなくてはいけません。『与えられるだけだった人生』から『自分で選択する人生』へと、大きく自分を転換させることができるわけです。そこで得られる成長実感は、受け身だけの人生だったときとはまったく変わります」

 

次のページ
「やりたいこと」は動きながら見つければいい >



著者紹介

廣 優樹(ひろ・ゆうき)

NPO法人二枚目の名刺代表

1979年生まれ。慶應義塾大学卒業。オックスフォード大学サイード・ビジネス・スクールでMBAを取得。2002年、日本銀行に入行。在職中の05~07年、経済産業省に出向。09年、二枚目の名刺を立ち上げる(11年にNPO法人化)。14年より商社に勤務。

関連記事

編集部のおすすめ

稼げる舞台を増やそう!40代からの「副業」入門

中野裕哲(V-Spiritsグループ代表)

「個人のスキル」で稼げる副業とは!?

中野貴利人(ネットピコ代表取締役)

副業を始めたいなら「週末コンサル」をめざしてみませんか?

鈴木誠一郎 《経営コンサルタント》

日本最大級の癒しイベント出展社募集中

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。