ホーム » THE21 » スキルアップ » 労せずして目標達成!「追加発注」を促す3つのキラートーク

労せずして目標達成!「追加発注」を促す3つのキラートーク

2019年04月17日 公開

大塚寿(営業サプリ)

受注目標達成の秘訣は「追加発注」にあり

1つの案件を受注したり、受注が濃厚になったりすると、不思議なもので私達はその案件に集中するがあまり、追加受注の機会や他の案件が見えなくなってしまうことが少なくない。

ゼロから案件を発掘するより、追加工事や追加受注の難易度の方がはるかに低いので、この機会を確実に数字につなげる行動をルーチンワークに加えて欲しい。

今回はそのコツについて共有したい。

 

関連売りで労せず数字を上乗せさせる

例えば、あなたが築28年のマンションの大規模修繕でエレベーターのリニューアル工事を受注した営業パーソンだったとする。

追加受注の対象として保守契約を推進するのはもちろんだが、この時、築28年ということなので、防犯カメラが入っていなければ新設を提案したいし、共有部分の照明がLED化されていなかったらLED照明も提案したい。

顧客側とすれば、いずれもエレベーター工事の金額と比較すれば少額であるし、まとめて発注することによって大幅なディスカウントが期待できるので、個別に発注するより安くつく。

さらに窓口が1つで済むというメリットもあるため、受注率が高くなるのだ。

 

営業でも「クロスマーチャンダイジング」が可能

あるいは、あなたが総合人材サービスの営業パーソンで、あるメーカーから理系の学生5名の採用プランを受注したとする。

ここでもやはり、その5名を採用するだけでなく、彼らを育成するための新人研修や、迎える側のOJT研修なども追加受注のターゲットにしなければならない。さらに、新人から5名を採用できる保証はないので、そのリスクヘッジとして中途採用のプランも仕掛けておきたい。

要はBtoCの世界でいうところのクロスマーチャンダイジング、つまり生肉売場に“焼肉のタレ”を展開したり、冬場であれば“鍋つゆ”や“鍋のもと”を展開したりする関連買いを促す販促手法を、BtoBの営業でも活かしたいのだ。

次のページ
トップ営業マンは必ず「追加」を狙う >



著者紹介

営業サプリ編集部(えいぎょうさぷりへんしゅうぶ)

「どうしたらもっと売れるようになるのか?」「もっと効率的に仕事をこなすにはどうしたらいいのか?」こうした営業パーソンの悩みを解決し、営業を元気にする情報メディアが「営業サプリ」です。売れる営業養成講座を始め、時間管理の方法やうまく睡眠をとるためのコツなど、営業パーソンを様々な角度からサポートする情報を、日々お届けしています。
https://goo.gl/MAvRsQ

THE21 購入

2019年8月号

The21 2019年8月号

発売日:2019年07月10日
価格(税込):630円

関連記事

編集部のおすすめ

成功するプレゼンは前半勝負!成否の9割が前半で決まるワケ

大塚寿(営業サプリ)

スランプの時こそ実践したい!営業のモチベーションを維持する方法

大塚寿(営業サプリ)

顧客の興味は「筆跡」で引け!クライアントの印象に残る仕掛けとは

大塚寿(営業サプリ)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。