ホーム » THE21 » スキルアップ » これで失敗しない!営業がプレゼンで説得力を高める3つのポイントとは

これで失敗しない!営業がプレゼンで説得力を高める3つのポイントとは

2019年06月27日 公開

大塚寿(営業サプリ)

プレゼンで説得力を高める3原則

「売れる営業」のプレゼンの極意は、商材の導入前と導入後で顧客の業務や問題視していたことが「こんなに変わるのですよ」という“プラス”をどれだけリアルに示せるかにある。

業界によってはそれを“インサイト”というキーワードを用いて、“顧客が思わず導入したくなるココロのスイッチ”と表現したりもしている。

今回は顧客が導入したくなるプレゼンの具体的な方法について解説する。

 

売れる営業と売れない営業の決定的な違いとは?

プレゼンの説得力を最大化する基本原則は3つある。

まずは、製品やサービス内容をプレゼンするのではなく、聞き手の課題や問題の解決策をプレゼンするという大原則を徹底すること。

プレゼンにおける「売れる営業」と「普通の営業、売れない営業」の決定的な違いはそこにある。

製品やサービスの内容を相手に分かりやすくプレゼンすれば売れるというのは、業界で圧倒的トップシェアの商品か同じく圧倒的に価格競争力がある商品に限られてしまう。それ以外は必ず、相手の問題がどう解決されるのかという方法や筋道、その効果にウエイトをかけてプレゼンすること。

理由は明快で、聞き手の最大の興味、関心がそこにあるからだ。

 

伝えるのは商品ではない、相手の解決策だ

放っておくと私達営業パーソンは、プレゼンで必ず「自社製品や自社のサービスの提案を分かりやすく、相手に伝えよう」と思ってしまう。

このスタンスも間違ってはいないのだが、プレゼンで1位になるためには、それでは配慮が足りない。

そもそも聞き手が聞きたいのは、自社の課題の解決策が第一である。

なので、そのために「この商品やサービス」がどれだけ恩恵を及ぼすかという論理でプレゼンを組み立てないと、聞き手には魅力的に聞こえなくなってしまう。

だから「商品力はあるのに売れない」という珍現象が起こるのだ。

解決策をプレゼンするという大原則を守るだけで、プレゼン全体の説得力が段違いになるので、ここは徹底して欲しい。

意識を変えようとするもの結構だが、プレゼンの構成自体をそう変えてしまうのが手っ取り早いので、試してみてはどうだろうか。

次のページ
「類似事例」がない場合、どうすればいい? >



著者紹介

大塚 寿(おおつか・ひさし)

エマメイコーポレーション代表取締役

1962年、群馬県生まれ。1986年、株式会社リクルート(現 株式会社リクルートホールディングス)に入社。サンダーバード国際経営大学院でMBA取得後、営業研修を展開するエマメイコーポレーションを創業、現在に至る。著書に『リクルート流』(PHP研究所)、『オーラの営業』(Nanaブックス)、『仕事をつくる全技術』(大和書房)、累計28万部のベストセラー『40代を後悔しない50のリスト』シリーズ(ダイヤモンド社)など多数。共著に『法人営業バイブル』(PHP研究所)など。

THE21 購入

2019年12月号

The21 2019年12月号

発売日:2019年11月09日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

売れるために関連部門を味方につける、社内営業がうまくいく3原則

大塚寿(営業サプリ)

営業力のある会社が必ずやっている「決裁権の把握」とは?

大塚寿(営業サプリ)

「ずるい人」を寄せつけない方法

大嶋信頼(心理カウンセラー)
DRAGON JAPAN 龍の日

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
DRAGON JAPAN 龍の日

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。