ホーム » THE21 » スキルアップ » 「百分率損益計算書」で見えてくる、セコムとアルソックの違い

「百分率損益計算書」で見えてくる、セコムとアルソックの違い

2019年06月27日 公開

石島洋一(公認会計士)

経営分析で重要なのは「率」

6月は株主総会シーズン。企業の「決算」に注目が集まる時期だ。だが、そもそも決算書のどこをどう見ればその企業の状況を正しく判断することができるのか、正しく理解している人はそれほど多くはないだろう。

経理の本としては異例のシリーズ60万部を発刊した『決算書がおもしろいほどわかる本』の著者として知られ、近著『ざっくりわかる「決算書」分析』にて決算書分析のイロハを解説した公認会計士の石島洋一氏に、決算書分析の「要点」について教わった。

 

損益計算書の分析の基準は売上高

決算書の分析で重要なのは、数字の大小だけでなく「率」を見ることです。

損益計算書には5つの利益(売上総利益、営業利益、経常利益、税引前当期純利益、当期純利益)を始めとした各種利益や経費が掲載されていますが、それぞれの分析の際には、売上高を基準として計算されます。売上総利益も営業利益も、あるいは人件費や支払利息の多寡も、売上高を基準として判定されることが多いわけです。

そこで、売上高を100とする損益計算書を作れば、一挙に利益や経費の分析ができてしまいます。それが百分率損益計算書です。

何のことはありません。通常の損益計算書の横に、構成比の欄を設ければよいだけです。

表ではセコムと綜合警備保障(アルソック)の数字を例に挙げています。

 

セコムとアルソックの差はどこにある?

両社の差をこのような形にしてみると、どこに大きな差があるか、はっきりします。

この両社はテレビCMに登場することも多く、知名度は抜群の会社です。日本の代表的な警備会社と言っていいでしょう。

しかし、やはりセコムが先行した影響は大きいのか、売上規模では綜合警備はセコムの4割程度しかありません。

ただ、実額だけを比較していたのでは、どちらが効率のいい経営をしているのか把握するのは難しいようです。そこで、売上高を100とした比率表で、比率に注目して比較してみましょう。

次のページ
販管費の比率はほぼ同じなのに…… >



THE21 購入

2019年8月号

The21 2019年8月号

発売日:2019年07月10日
価格(税込):630円

関連記事

編集部のおすすめ

「儲かっている会社」と「安定性のある会社」、どちらがよい会社?

石島洋一(公認会計士)

驚異の数字! 製薬業界の「粗利益率」が高いのはなぜ?

石島洋一(公認会計士)

身長170センチは偏差値50!? ざっくりわかる「偏差値と正規分布」

斎藤広達(シカゴ・コンサルティング代表取締役)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。