ホーム » THE21 » インタビュー » 有給休暇を遠慮せず使って、やりたいことを「今すぐ」やれ!

有給休暇を遠慮せず使って、やりたいことを「今すぐ」やれ!

2019年07月19日 公開

大前研一(経営コンサルタント)

世界的コンサルタントは、休日をどう使っているのか?

 

 経営コンサルタントといえばハードワーカーというイメージがあるが、マッキンゼーなどで活躍した世界的コンサルタント・大前研一氏は30代の頃から計画的に長期休暇を取り、数多くある趣味を楽しんでいる。ビジネスパーソンが休みを取る意義とは?

 

諸外国に比べて休み方が下手な日本人

 安倍政権が成立させた働き方改革関連法がこの4月より順次施行されており、そこには残業時間の罰則付き上限規制や年5日間の有給取得(消化)の義務化などが含まれている。しかし、いきなり「労働時間を減らせ」「もっと休め」と言われても、いったい、どうすればいいのだろう。

「確かに、日本人は休み方が下手だ。例えば夏休み。米国人のホワイトカラーは、6月から9月中旬までの好きな時期に、1週間単位で休暇を取って家族でバケーションに出かける。勤勉と言われているドイツ人も、部課長クラスになるとイタリア辺りに一軒家を借りて、そこで優に1カ月間は家族と過ごす。一方、家を貸したイタリア人は、その間、スペインで家を借りて、家賃の差額で暮らす。スペイン人はモロッコやポルトガルに移動して、やはり同じように、夏の間、バケーションを楽しむのだ。

 中国、台湾、香港、シンガポールなどでも、休みの取り方は欧米化しつつある。しかも彼らの中の富裕層は、滞在先に1泊15万円以上する高級リゾートホテルを選ぶなど、旅先では実に気前が良い。

 これに対し日本人は、家族旅行といっても、いまだに1泊2日がせいぜいだ。それも、ゴールデンウィーク、年末年始、お盆に皆が集中して休むので、その時期は道路も観光地も大混雑し、とてもリフレッシュどころではない。

 だからといって、休み方にまで国が口を出すのは、私に言わせれば余計なお世話だ。どういう休み方をするかは、本来、個人がライフプランに応じて、自由にデザインするものなのである。例えば、有給休暇が15日認められているのなら、それを目いっぱい使い、さらに10日、無給の休みを取る。そうすれば、日本人だって欧米人のようなバケーションが可能なのだ」

 

次のページ
周囲の目を気にしていては自分の人生を生きられない >



著者紹介

大前研一(おおまえ・けんいち)

経営コンサルタント

1943年、福岡県生まれ。早稲田大学理工学部卒業後、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号を、マサチューセッツ工科大学(MIT)大学院原子力工学科で博士号を取得。〔株〕日立製作所原子力開発部技師を経て、72年に経営コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニー・インクに入社。本社ディレクター、常務会メンバー、日本支社長、アジア太平洋地区会長を歴任し、94年に退社。現在は、〔株〕ビジネス・ブレークスルー(BBT)代表取締役会長、BBT大学学長などを務め、日本の将来を担う人材育成に力を注いでいる。近著に『大前研一 世界の潮流2019~20』(プレジデント社)などがある。

THE21 購入

2019年9月号

The21 2019年9月号

発売日:2019年08月10日
価格(税込):630円

関連記事

編集部のおすすめ

海外の一流の「休み方」は、日本人とどこが違うのか?

能町光香(リンク代表取締役)

年休取得がついに「義務化」。4月1日から休み方はこう変わった!

布施直春(労務コンサルタント)

大前研一 高齢者のマインドを変えれば、日本経済は飛躍的に伸びる

大前研一(経営コンサルタント/ビジネス・ブレークスルー代表取締役)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。