ホーム » THE21 » トピックス » 【今週の「気になる本」】『働きたくないイタチと言葉がわかるロボット』

【今週の「気になる本」】『働きたくないイタチと言葉がわかるロボット』

2019年08月02日 公開

川添愛著/朝日出版社

「働きたくない」という発想が進化を生む、のか?

 編集という仕事をやっているとたまに、いや、結構しばしば「勝手に原稿とか作ってくれるソフトとかないのかなあ」「校正をしてくれるAIがないのかなあ」なんて思ってしまいます。

そんな自分に一筋の光と絶望を味わわせてくれるのが本書です。

 

なまけもののイタチたちが、なんでもできる機械を作って楽をしようと考える。ただ、そのためには、その第一歩である言葉を理解する機械を作らなくてはならない。ただ、これがなかなか一筋縄ではいかず……。

そんなイタチたちの悪戦苦闘するさまを通じて、機械(コンピュータ、あるいはAI)が言語を理解するとはどういうことかが描かれる、「大人の絵本」といった風情の本です。

 

音とは何か、意味とは何か、単語の切れ目とは何か……わかっているようで実はわかっていないことばかりで、人間はこんな複雑なものをスイスイと操っているのだと、改めて思い知らされます。

そして、そんな言語をAIでどう扱うかについて、どんな取り組みが行なわれているかもわかります。

 

それが本書のメッセージなのですが、ちょっと違うことも考えました。

本書のイタチたちはとにかくルーズで刹那的で、根気の必要な仕事はすぐに放り出し、ちょっとでもうまくいったら仕事を放り出して遊びにいく。とにかくダメ人間、というかダメ動物なわけです。

 

でも、だからこそなんでもできる機械を作って楽をしようと考える。

下手に真面目な人は、そんなこと思いつきもしないでしょう。

つまり、楽をするために頑張るという発想は、来るべきAI時代には意外と大事なのではないか……。

 

そんなわけで、働かないイタチの心を持ってこれからも仕事をしていこうと思った次第です。それじゃ今と変わりませんが。


執筆:Y村



THE21 購入

11月号

The21 11月号

発売日:2019年10月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

「ずるい人」を寄せつけない方法

大嶋信頼(心理カウンセラー)

【今週の「気になる本」】『完全教祖マニュアル』

架神恭介・辰巳一世/ちくま新書
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中
×

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。