ホーム » THE21 » トピックス » 新型「セルフ注文決済端末」で飲食店の業務を効率化

新型「セルフ注文決済端末」で飲食店の業務を効率化

2019年09月04日 公開

THE21編集部

R・ベッカーズ池袋東口店に導入


R・ベッカーズ池袋東口店に設置された「O:der Kiosk」

 

 9月4日(水)、R・ベッカーズ池袋東口店(東京都豊島区)にて、新型のセルフ注文決済端末「O:der Kiosk(オーダー キオスク)」導入の報道公開が行なわれた。飲食業界で深刻化する人手不足を、注文受付や会計業務の効率化によって解消することを狙う。

 

 ジェイアール東日本フードビジネス〔株〕が運営する同店では、すでに、スマホで事前に注文と決済をしてから店舗で商品を受け取れるモバイルオーダーサービス「O:der」を導入している。O:derを展開する〔株〕Showcase Gigは、昨年、JR東日本スタートアップ〔株〕と資本業務提携をした。

 ジェイアール東日本フードビジネス社長・山際貞史氏は「首都圏のエキナカを中心に、約60ブランド、250を超える店舗を展開しているが、ベッカーズは中核となるブランド。ベッカーズの『別格』シリーズは注文を受けてから作っているが、モバイルオーダーを使っていただくと、店舗で並ぶことなく受け取っていただける」と話した。

 Showcase Gig社長・新田剛史氏は、「O:derのサービスはスマホがあれば提供できるが、スマホを使わない人などもいるので、店舗にスマホのように操作できる端末を置いてほしいとお願いした」と話す。

 O:der Kioskは、スマホのように操作して商品を注文し、クレジットカードやSuicaなどの交通系電子マネーで決済をするもの。従業員にかかる注文受付や会計業務の負担が減ることが期待される。



THE21 購入

2019年10月

The21 2019年10月

発売日:2019年09月10日
価格(税込):630円

関連記事

編集部のおすすめ

togo「街の飲食店を社食に。『green』が実現する新しい福利厚生」

【経営トップに聞く】田中勇樹(togo社長)

ロイヤルHD会長「東日本大震災の被災地での炊き出しが、社長のあり方を教えてくれた」

菊地唯夫(ロイヤルホールディングス会長)

「小心者」を強みに変えれば どんな逆境も乗り切れる

湯澤剛(ユサワフードシステム代表取締役)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中
×

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。