ホーム » THE21 » スキルアップ » 状況に相応しい印象を作る!男性のための「ビジネスコーデ」実践例

状況に相応しい印象を作る!男性のための「ビジネスコーデ」実践例

2019年11月05日 公開

森井良行(スタイリスト)

真似するだけで効果絶大

 

 特に男性のビジネスパーソンには、おしゃれに無頓着な人が多い。しかし、外見が与える印象がよくなければ、せっかく中味がよくても、仕事の成果が思うように上がらない。4,500人を超えるビジネスパーソンの買い物に同行してきたスタイリストの森井良行氏に、具体的なビジネスコーデの例を教えてもらった。

※本稿は、森井良行著『38歳からのビジネスコーデ図鑑』(日本実業出版社)の一部を再編集したものです。

 

クレームを丸く収めたいなら「水色のネクタイ」!―外資系ホテルの総支配人風

 仕事で人間関係のトラブルが起きたときは、水色の力を借りましょう。

 水色は、色彩心理学で「人を落ち着かせる効果が高い色」だとされています。

 クレーム対応の場面で水色のアイテムを活用すれば、相手のイライラを緩和させることができるかもしれません。

 相手の視界に入りやすいネクタイを水色にし、色の効果を高めるために、柄は無地で、素材は艶のあるシルクで表情を持たせましょう。

 ダークネイビースーツを合わせることで、全体のフォルムが引き締まり、ビシッとした礼儀正しさも加わります。

 

次のページ
大勢の前で話すときは「ベージュ色のジャケット」!―プロのセミナー講師風 >



著者紹介

森井良行(もりい・よしゆき)

スタイリスト/〔一社〕服のコンサルタント協会代表

日本大学卒業後、一般企業を経て、2007年にスタイリストとして独立。のちに、〔一社〕服のコンサルタント協会代表理事に就任。
「外見とは、いちばん外側にある内面。外見を磨くことは、内面のよさを伝える第一歩」をモットーに、これまで4500人を超えるビジネスマンの買い物に同行する。現在ではユニクロからエルメスまでを上手に活かす「着こなしのメソッド」を構築。そのメソッドは、服が与える印象を言語化し、カジュアルとスーツの間に位置する大人のよそ行き「エレガントカジュアル(通称エレカジ)」をコーディネートに取り入れることを特徴としている。
また、東洋経済オンラインで連載、All Aboutメンズファッションガイドを務める。自身も学生時代に服やおしゃれに悩んでいたからこそ書けるユーザー目線の記事が評判となる。
著書に『毎朝、迷わない! ユニクロ&ツープライススーツの上手な使い方』(WAVE出版)、『男の服選びがわかる本』(池田書店)などがある。

THE21 購入

12月号

The21 12月号

発売日:2019年11月09日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

ビジネスマンの新常識!「男の身だしなみ」入門<連載終了>

日野江都子(国際イメージコンサルタント)

仕事で着るべきは「自分の着たい服」ではない!

三好凛佳(レアリゼスタイル代表取締役)

ファッションサブスク「メチャカリ」が黒字化を達成できた理由とは

THE21編集部
DRAGON JAPAN 龍の日

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
DRAGON JAPAN 龍の日
×

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。