ホーム » THE21 » トピックス » 人生100年時代の新「パーソナルライフプラン」

人生100年時代の新「パーソナルライフプラン」

2019年11月15日 公開

八ツ井慶子(ファイナンシャルプランナー)

従来のライフプランは役に立たない!

 

1973年、埼玉県生まれ。法政大学卒業後、大手信用金庫に勤務。ファイナンシャルプランナーとして「家計の見直し相談センター」相談員を務めた後、13年に「生活マネー相談室」を設立、これまでに延べ数千件超の家計相談に乗る。『レシート○×チェックでズボラなあなたのお金が貯まりだす』(プレジデント社)他著書多数。

 

超長寿時代を生きる磯野波平の老後とは!?

 少子高齢社会を迎えた課題先進国の日本の家計には、様々な異変が起こりつつあります。

 高所得者と低所得者の格差や貧困率の増加はすでに社会問題に。生活保護世帯数の増加も見逃せません。注目すべきは、生活保護の「受給開始理由」です。40年前に最も多かった理由が「傷病」だったのに対し、今は「貯蓄の減少」。つまり、貯蓄が尽きた高齢者の増加が背景にあるのです。現在、受給者の半数は高齢者であり、今後その割合はますます増えるでしょう。

 会社員も安泰ではありません。給与の手取り額はこの十数年で年々減少しています。主な原因は、少子高齢化に対応するための社会保険料の増加です。現在、残った手取り額にも消費増税が追い打ちをかけようとしています。

 これが、今の40代ビジネスパーソンの方々が置かれた状況です。そして未来においては、40代の方々自身が高齢者になります。そのとき、家計には何が起こるでしょうか。

 ここで参考にしていただきたいのが左『磯野波平氏の老後シミュレーション』です。

 波平氏が登場した昭和20年代の男性平均寿命は60歳。54歳で定年間近の波平氏はすでに老年期ですが、当時の定年および年金支給の開始年齢は55歳。数年後には大往生なので、老後資金を案じる必要はありませんでした。

 対して今は、人生80年時代。定年後の人生が20年続く現状を前に老後不安が顕在化し、「現役の間に老後資金をできるだけ多く貯める」ことが必要不可欠となりました。

 では、人生100年時代はどうなるでしょうか。定年が65歳もしくは70歳に伸びても、その先さらに30年。現役時代の資金だけで老後を賄うのは、明らかに不可能です。

次のページ
これからは誰もが「細く長く働く」時代に >



著者紹介

八ツ井 慶子(やつい・けいこ)

ファイナンシャルプランナー

1973年、埼玉県生まれ。法政大学卒業後、大手信用金庫に勤務。ファイナンシャルプランナーとして「家計の見直し相談センター」相談員を務めた後、13年に「生活マネー相談室」を設立、これまでに延べ数千件超の家計相談に乗る。『レシート○×チェックでズボラなあなたのお金が貯まりだす』(プレジデント社)他著書多数。

THE21 購入

2020年2月号

The21 2020年2月号

発売日:2020年01月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

孤独なほうが、老後資金の心配もなくなる

松原惇子(老後を応援する団体SSSネットワーク代表理事)

「老後2000万円」時代に青木雄二氏の言葉が身にしみる

青木雄二(漫画家)

マネックス松本大「令和時代のお金の哲学」

松本大(マネックスグループ代表執行役社長)
リッツカールトン東京 Happy Fes 女性のHappyを応援する日

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
リッツカールトン東京 Happy Fes 女性のHappyを応援する日

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。