ホーム » THE21 » スキルアップ » できる営業マンは「アポは週15件入れる」。その理由とは?

できる営業マンは「アポは週15件入れる」。その理由とは?

2019年11月07日 公開

一戸敏(株式会社エージェントCEO)

トップ営業マンには「理由」がある

「生保・損保2冠王」の伝説の営業マンと呼ばれる一戸敏氏。経験ゼロでいきなり営業の世界に飛び込んだにもかかわらず、またたくまにトップ営業マンになり、現在では300人規模の会社を率いる経営者でもある。そんな氏の著書『あの営業マンが選ばれる「本当の理由」』から、今すぐ役立つ営業の極意を紹介する。

 

営業の「神様」からのご宣託

保険業界には、1週間に15件のアポイントを入れ続けることが好業績につながるという説があります。なぜ15件なのか、他業界の営業マンには理解しにくいかもしれませんが、これにははっきりとした根拠があります。「神様」がそう言ったからです。

その「神様」とはトニー・ゴードンという人物で、保険業界では知らない人はいないとされる伝説の営業マンです。彼が自身の成功の秘訣として挙げたのが「1週間に15件のアポイント」という数字だったわけです。保険業界で働くようになって、私も神様のご託宣を信じてみようと思い、頑張って実践してみました。

 

アポイントは件数だけでなく「質」も大事

ところが、まずまずの成績にはなったものの、彼には遠く及びません。当然ながら、彼と当時の私ではアポイントの質が違っていたからです。そこで、こんどは彼の営業スタイルを研究し、徹底的に真似てみようと考えました。彼と同じことをすれば、彼と同じ成績を残すことができるはずだと考えたわけです。

そうして私は、彼を成功のモデルケースの1つとして、その営業スタイルや思考法をベンチマークとするようになりました。彼に近づこうと自分なりに工夫してきたことが、結果として、その後の私の実績につながったのだと思います。

今回は、そうした経験を通じて得たアポイントについての考え方をお話しします。

次のページ
アポイントは「1カ月先」に入れよう >



著者紹介

一戸 敏(いちのへ・さとし)

保険代理店(株)エージェント代表取締役兼CEO

北海道札幌市出身。明治大学商学部中退。会計事務所勤務を経て28歳で保険業界に転身。営業マンとして数々のタイトルを獲得すると同時に、自身が経営する株式会社エージェントを大型化し、グループ全体で300名ほどの組織を形成し、グループ全体で取扱高100億以上の企業にまで成長させる。
住宅・不動産会社(株)FIND会長兼ファウンダー。米国保険ブローカーAgent America co.,ltd Director。保険業界の称号であるMDRT終身会員(18年連続登録)、MDRT COT11回登録、MDRT TOT2回登録。

THE21 購入

12月号

The21 12月号

発売日:2019年11月09日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

「選ばれる営業マン」が必ずやっている4つのこととは?

一戸敏(株式会社エージェントCEO)

本当に優れた営業マンが「雑談」を決してしない理由とは?

安東徳子(エスプレシーボ・コム代表取締役)

「ずるい人」を寄せつけない方法

大嶋信頼(心理カウンセラー)
DRAGON JAPAN 龍の日

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
DRAGON JAPAN 龍の日
×

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。