ホーム » THE21 » スキルアップ » 結果を出す人は「これで合っているか?」とは考えない

結果を出す人は「これで合っているか?」とは考えない

2019年11月28日 公開

生方正也(HRデザインスタジオ代表)

求めるべきは正解ではなく「質を高められる答え」

 

 ロジカルシンキングや仮説思考などについて指導や執筆活動を行なっている生方正也氏は、仕事の生産性を高めるためには、行動に移す前に思考を整理することが重要だと指摘する。そして、ビジネスパーソンに必要な思考整理の基本スタンスは、正解を求めないことだと言う。

※本稿は、生方正也著『結果を出す人がやっている「思考整理」の習慣』(日本実業出版社)の一部を再編集したものです。

 

学校とは違う点数のつき方

 ビジネスシーンでは、どんな立場の人でも常に判断が求められます。これは、企業のトップなど限られた人だけでなく、上司や先輩の指示通り動くことが求められる新入社員でも同様です。「どの仕事から取り組もうか」「お客様からの問い合わせに自分が答えていいか」など、判断を迫られることは必ずあります。言い換えれば、いろいろな場面で答えを出して行動するのが仕事を進めるということです。

 そんなとき、ふと、こう思ってしまうことはないでしょうか。

「これで合っているかな……?」

 このように考えるのは、ある意味自然なことです。なんといっても学校では、常に「合っているか」すなわち正解かどうかで評価されているからです。

 しかし、ビジネスシーンで合っているか間違っているかで評価されることは、実はあまり多くありません。むしろ、仕事のレベルが上がるほど、「それで合っているか」で評価できない場面が訪れるものです。

 例として、お客様に自社の商品を提案するシーンを取り上げてみましょう。自分の提案が首尾よく通ったとき、それは「正解」を出したのでしょうか? 少し違いますね。また、残念ながら提案が通らなかった場合、その提案は「間違い」だったのでしょうか? これも少しニュアンスが違います。

 実際、提案が通らなかった理由を探ってみると、例えば「競合の提案のほうが魅力的だった」とか「提案内容自体は悪くないけど、すでに別の商品での検討が進んでしまっていた」など、必ずしも間違っていないけれど通らないというケースがほとんどです。逆に言えば提案が採用された理由も、「絶対にこれが良かった」というよりも他と比べて相対的に良かったということが大半なのです。

 つまり、答えが合っているかどうかという観点で自分の仕事を評価するのは危険だということです。

 

次のページ
目指すのは「質の高い」答え >



著者紹介

生方正也(うぶかた・まさや)

HRデザインスタジオ代表

1968年、埼玉県生まれ。東京大学文学部卒業。日産自動車〔株〕にて、取引先部品メーカーの経営分析・指導を担当。〔株〕ウィリアム・エム・マーサー(現・マーサージャパン〔株〕)にて、人事制度改革、組織変革などのコンサルティングに従事したのち、グロービスを経て独立。現在は、人材開発、組織変革に関するコンサルティングに携わると同時に、ロジカルシンキング、情報活用術、仮説思考などの分野の指導、著作活動を行なっている。著書に『アウトプットの精度を爆発的に高める「思考の整理」全技術』(かんき出版)、『アウトプットの質を高める 仮説検証力』(すばる舎)、『ビジネススクールで身につける仮説思考と分析力』(日本経済新聞出版社)、『シナリオ構想力 実践講座』(ファーストプレス)、『結果を出す人がやっている「思考整理」の習慣』(日本実業出版社)など多数。

THE21 購入

2020年1月号

The21 2020年1月号

発売日:2019年12月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

情報を頭に「なじませる」ことで必要なものが見えてくる

生方正也(HRデザインスタジオ代表)

視線から相手の思考や心の動きが読み取れる

石井通明(日本交渉学会正会員)

『文化人類学の思考法』を読んで、『魁! クロマティ高校』に思いを馳せる

〈連載 THE21的キーブック〉松村圭一郎編・中川理編・石井美保編/世界思想社
DRAGON JAPAN 龍の日

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
DRAGON JAPAN 龍の日

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。