ホーム » THE21 » トピックス » 松下幸之助と起業~パナソニック創業の背景にあった4つの理由~

松下幸之助と起業~パナソニック創業の背景にあった4つの理由~

2020年02月12日 公開

THE21編集部

人生を豊かにするCLUB Panasonicオリジナルイベント

22歳で起業し、一代で世界的企業へと成長させた、パナソニックの創業者・松下幸之助。「CLUB Panasonic」限定のイベントで、PHP理念経営研究センター代表で松下研究の大委任者である渡邊祐介による講演が行なわれ、その起業という決断の背景にあった理由などについても言及。会場の様子をリポートする。(取材・構成=森末祐二、写真撮影=清水茂)

 

登録オーナーに「有意義な時間」を提供

所有するパナソニック商品を「ご愛用者登録」することで、多彩なサービスが利用できる「CLUB Panasonic」というシステムがある。
登録オーナーは、パナソニック商品に関する手厚いサポートが受けられるとともに、様々な学びが得られるセミナーや体験イベントに参加できる。

去る2020年1月25日(土)には、登録オーナーへのサービスの一環として、大阪府門真市のパナソニックミュージアムで参加費無料のセミナーが開催された。今回のテーマは「松下幸之助と“起業”」。株式会社PHP研究所内に組織されたPHP理念経営研究センター代表の渡邊祐介が講師を務めた。
定員15名のところ、起業や松下幸之助に関心のある登録オーナー約200名の申し込みがあった。その中から当選された参加者が、松下幸之助研究の第一人者である渡邊の講義に熱心に耳を傾けた。

 

「起業家」松下幸之助の歩みとその思想

参加者にはレジメが配付され、松下幸之助の生前のインタビュー映像を映写したりしながら、話が進められた。

パナソニック創業者の松下幸之助は、小学校を4年で中退して、大阪に丁稚奉公に出されることとなる。約5年間、五代自転車商会で丁稚奉公として過ごしたあと、街でチンチン電車を見たことから「電気」に魅了され、大阪電燈(現在の関西電力)に職工として入社する。やがて1917年(大正6年)に幸之助は22歳で「起業」することになるが、それには4つの理由があったということだ。

(1)自分が考案した「ソケット」が会社に採用されず、悔しい思いをした。

(2)数年で職工から検査員に出世して、職工時代よりも仕事が楽になった分、かえっておもしろくなくなった。

(3)若い頃の幸之助は体が弱く、仕事を休みがちで、当時の日当制では収入が安定せず、自分で商売をしたほうがいいと考えた。

(4)父親から「お前は商売で身を立てよ」といわれた。

起業直後は資金繰りに苦労したが、業績が徐々に伸び始めてからは、常に社員たちに理想を訴え、ガラス張り経営を徹底するなどして、一代で世界的大企業を育て上げた。

 

次のページ
松下幸之助の起業後の成功の秘訣 >



THE21 購入

2020年5月号

The21 2020年5月号

発売日:2020年04月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

人事を尽くして天命を待つ……松下幸之助 心軽やかに生きるコツ

大江弘(PHP研究所経営理念研究本部 主席研究員)

つらいなと思っても…松下幸之助が松下政経塾で語ったリーダーの心得

スカイマークを再生に導いた佐山展生氏のリーダー論

佐山展生(インテグラル代表取締役パートナー)

上田準二・40代の大ピンチを切り抜けたキーワード

上田準二(ユニー・ファミリーマートホールディングス相談役)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。