PHPオンライン衆知 » THE21 » トピックス » 【この文房具に注目!】『EDiT アイデア用ノート』(マークス)

【この文房具に注目!】『EDiT アイデア用ノート』(マークス)

2020年05月12日 公開

文房具朝食会・原敬輔

ふせんを活用して楽しくアイデアを出そう

 

 今回はEDiTのアイデア用ノートを紹介します。2015年に発売された商品なのですが、改めて使ってみて、良い商品だと感じました。

 横型で使う、リング式のノート。薄い水色のドット罫が施されているので、自分の中のルールを決めて、自由に情報を整理することができます。

 さらに、ユニークなのが、取り外しが自由なふせんシートが付いているところです。シートには、大きさと色の異なるふせんが2種類貼られているので、用途に応じて使い分けることができます。

 開発は、アメリカの有名なデザイン会社IDEOの東京オフィスにコンサルティングを依頼して、彼らから学んだデザイン思考をもとにして行なったそうです。横型のノートとふせんを組み合わせることによって、アイデアの発散と収束を繰り返し、クリエイティブな思考ができるように設計されたとのこと。今回の原稿についても、このノートに1ページ書き出してみたら、あっという間に完成しました。恐るべしです。

 また、ふせんに限らず、何かを貼ってみるというのは、材料を準備するのは最初だけ億劫に感じますが、実際にやってみると楽しいものです。このノートはそのことを思い出させてくれます。

 ふせんを通じて、貼りながら整理することの楽しさを感じたら、好きなもの、行ってみたいところ、気になった記事などを貼ってみてはいかがでしょうか。外出の自粛の影響などで、なかなか楽しい気持ちになることが難しい状況にありますが、アイデア用ノートに思いを書き留めてみることで、気分が前向きになるかもしれません。

 サイズはB5とA5の2種類から選べます。ふせんが付いていないノートのみのものも「オンライン・マークス」で購入できますが、私はB5のふせんセット付きを愛用しています。

 

《写真提供(3点とも):〔株〕マークス》

著者紹介

原 敬輔(はら・けいすけ)

文房具朝食会主宰

新卒で〔株〕リクルート(現・〔株〕リクルートホールディングス)に入社したのち、レバレジーズ〔株〕や〔株〕ウフルといった複数のベンチャー企業でマーケティングを経験。現在は業務委託で企業のマーケティングやPR支援を行なっている。山梨県大月市のマーケティングアドバイザー、クラフトビール「KOBUSHI BEER」のブランドアンバサダーなど関心は多岐にわたる。

文房具に関してはペンよりもノートの方が好きで、市民団体「日本手帖の会」が行なっている手帳検定2021の認定手帳有識者、レベルゴールドを取得。

「文房具朝食会」とは、文房具好きが休日の朝に集まって、好きな文房具やその使い方をプレゼンしたり、意見交換をしたりする交流会。文房具メーカーや雑誌編集部との共催なども行なっている。

THE21 購入

2021年12月号

The21 2021年12月号

発売日:2021年11月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

【この文房具に注目!】『筆まかせ』(パイロットコーポレーション)

文房具朝食会・原敬輔

【この文房具に注目!】『10年メモ』(nu)

文房具朝食会・原敬輔

【この文房具に注目!】『マンスリーバースデーカード』(KIFNASK)

文房具朝食会・原敬輔

<連載>この文房具に注目!

文房具朝食会

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。

×