ホーム » THE21 » トピックス » 店舗の「密」を防げ!混雑状況を把握し注意喚起をするサービスが続々

店舗の「密」を防げ!混雑状況を把握し注意喚起をするサービスが続々



2020年06月25日 公開

THE21編集部

店舗の混雑状況
AWL BOXが導入されているドラッグストア「サツドラ北8条店」

 

「ウィズコロナ」で経済活動を行なううえで不可欠なのが、「密」を避けることだ。小売りなどの店舗でも、来店客が多すぎると、密が発生してしまう。そこで、店内の混雑状況をモニターし、必要に応じて来店客に注意喚起をしたり、店員の対応を促したりするサービスが続々と登場している。

 

AIによる映像分析の技術を活用

 2016年創業のベンチャー企業・AWL〔株〕が提供するサービス「AWL Lite」は、Android端末にインストールして使用する。

 端末に内蔵されたカメラに来店客が映るよう、店舗の入り口に設置すると、映像をAIが分析してマスクを着けているかどうかを判断し、着けていれば青い画面で着用の御礼を表示、着けていなければ赤い画面で着用を促す。同様に、手をアルコール消毒すると、画面が赤から青へと変わる。注意を促す目的で、「面白い」と来店客にも好評だという。

 また、来店客をカウントして、店内が混在してくると画面で注意を促す機能もある。店員も、AWL Liteで混雑状況を把握し、適切な対応することができる。混雑状況はウェブでも見ることができるので、実際に店舗に赴く前に確認することも可能だ。

 メディアでも取り上げられて大きな反響を呼び、大丸百貨店などのデパートやスーパーマーケット、宿泊業者、エンタメ業界の店舗などへ導入が進んでいるサービスだが、実は、もとは新型コロナ対策を目的としたサービスではなかった。

「来店客の動きや年齢、性別などを分析して、マーケティングや店舗の省人化などに役立てていただくのが、本来の目的でした。新型コロナウイルスの流行が拡大し始めた3~4月になると、5~6月に導入を予定していただいていた契約が次々と延期やキャンセルになったのですが、その中でも社会貢献できることはないかと考えて、新型コロナ対策の機能を追加したのです」(土田安紘取締役CTO)

 AIによるマスク着用の有無の判別には、現在、世界中で活発に研究が進んでいる「ドメインアダプテーション」という手法を使った。AWLではインド工科大学ボンベイ校と共同研究を行なっている。

 同社では「AWL BOX」というサービスも提供している。これは、名称通り、ボックス状の端末を店内のネットワークに接続することで、AWL Liteと同様に、来店客の映像分析や混雑状況のモニタリングを行なうもの。カメラは店舗に既設の防犯カメラなどを利用するため、工事は不要だ。

 AWLは昨年まで、北海道を中心にドラッグストア「サツドラ」を展開するサツドラホールディングス〔株〕の傘下にあり、サツドラの実店舗で技術を磨くことができたのも強みだと、土田CTOは話す。今年6月10日にリニューアルオープンした旗艦店「サツドラ北8条店」(札幌市東区)にも、AWL BOXが導入されている。

 AWL LiteやAWL BOXは、映像をサーバーに移さず、端末内で分析するので、個人情報は保護されるという。

 

次のページ
スイスの高精度カメラセンサーを導入 >



THE21 購入

2020年11月号

The21 2020年11月号

発売日:2020年10月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

契約ライバー数が2カ月で約10倍!新型コロナでライバー急増の17LIVEで収益を上げるには?

大淵公晴(17 Media Japan ビジネスデベロップメント ジェネラルマネジャー)

過剰なほど周囲に気をつかってしまう…「STAY HOME」が招く“恐怖中毒症”

名越康文(精神科医)

クレストホールディングス「レガシー産業に内側からイノベーションを起こす」

【経営トップに聞く】永井俊輔(クレストホールディングス社長)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。

×