ホーム » THE21 » インタビュー » SNSを24時間監視、掲示板もパトロール…企業や学校の「ネットのトラブル」に挑む企業

SNSを24時間監視、掲示板もパトロール…企業や学校の「ネットのトラブル」に挑む企業



2020年08月12日 公開

江戸浩樹(アディッシュ代表取締役)

日々目まぐるしく変化するビジネスの世界で、成功・成長している企業はどのような仕事をしているのか。本記事では、インターネット上のコミュニケーションのモニタリングやサポートで事業を拡大している企業を取り上げる(取材・構成:杉山直隆)。

※本稿は『THE21』2020年8月号より、一部を抜粋編集したものです。

 

SNSの投稿を24時間、システムと人でモニター

ツイッターやインスタグラムなどの企業アカウントの炎上、掲示板や口コミサイトに投稿される誹謗中傷、フリマアプリやマッチングアプリなどのユーザー間で行なわれる違法なやり取り……。

SNSやコミュニティサイトを運営する中で、企業は様々なトラブルに見舞われるようになりました。対応を間違えれば、イメージダウンだけでなく、自社サービスが犯罪の温床になることもあります。

そうしたネット上のつながりから生じる課題を解決するサービスを手がけているのが、当社です。サービスの大きな柱は二つあります。

一つはインターネットモニタリング。クライアントが運営するSNSやコミュニティサイトの投稿を24時間365日モニタリングし、外部の掲示板もパトロール。

リスクのある書き込みを見つけたら、被害を最小限に食い止める対策を打ちます。独自のモニタリングシステムで自動的に探し出したうえで、人間が実際に確認して、適切な判断をしています。

フィリピンのマカティに多言語センターを設置しており、グローバルなモニタリングにも対応しています。要望によっては、オウンドメディアの記事チェックや、オンライン決済の不正チェックなども行なっています。

「スクールガーディアン」という、学校向けのサービスも展開しています。学校非公式サイトやSNSなどをパトロールし、ネットいじめなどが疑われる投稿を見つけ出すものです。

もう一つの柱は、ソーシャルアプリサポート。これは、ゲームアプリのような、SNS上で動作するソーシャルアプリのカスタマーサポートを代行するサービスです。

インターネットモニタリングで、ユーザーへの対応の仕方についての知見が蓄積されていましたから、それを応用して始めました。現在は、フィンテックやフリマなどのスマホアプリのカスタマーサポートも引き受けています。

他にも、SNSの公式アカウントの運営を一部お手伝いする「フロントサポート」や、ユーザーの問い合わせに自動応答するチャットボットなどのサービスも展開しています。

クライアントは、グリーやモバイルファクトリーのようなITベンチャーから、阪急交通社、QVCジャパン、兵庫県教育委員会まで、多種多様な企業や自治体に広がっています。

次のページ
社内新規事業でスタート、蓄積したノウハウが強み >



THE21 購入

2021年2月号

The21 2021年2月号

発売日:2021年01月09日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

会社に忍び寄る「LINEいじめ」の実態

大槻智之(大槻経営労務管理事務所 統括局長)

サイバー攻撃による個人情報流出が起こり続ける根本的理由とは?

渡辺洋司(サイバーセキュリティクラウドCTO)

“無差別殺人犯”と“匿名ネットユーザー”に共通する「他人への攻撃欲」

片田珠美(精神科医)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。

×