ホーム » THE21 » インタビュー » 330年続く老舗が「古くなった」と思われない理由…不易流行の経営術

330年続く老舗が「古くなった」と思われない理由…不易流行の経営術



2021年01月10日 公開

山本嘉一郎(山本山代表取締役社長)

 

若い人の新しい感性を積極的に取り込む

今のお客様に合わせた商品やサービスを提供するには、若い人の力を積極的に活用することも重要です。

例えば「ふじヱ茶房」の店作りは米国法人の社長をしている娘に任せましたし、リブランディングに関しては、娘に推薦されたデザイン事務所NOSIGNERの太刀川英輔さんに一任しました。また、刷新したパッケージの筆文字は、書家の岡西佑奈さんに依頼しています。皆、同世代です。

これらのデザインに関しては、私はほとんど口を出していません。例えば太刀川さんには、食事をしながら、自分自身が感じていることや思っていることを伝えていますが、デザインについての具体的な指示はいっさいしませんでした。

これからの時代を作るのは若い人たちですから、時代に合わせるには、若い人たちの感性を活かすほうがいい。こうして新しい風を吹き込むことが、山本山の未来につながっていくと考えています。

 



THE21 購入

2021年2月号

The21 2021年2月号

発売日:2021年01月09日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

“ヤンキー”だらけの職場が大変身 新卒1万7千人の応募が殺到する老舗 「くず餅屋」

渡辺雅司(船橋屋 代表取締役八代目当主)

「営業時間の短縮」で売り上げを伸ばしたロイヤルホストが、コロナショックで学んだこと

菊地唯夫(ロイヤルホールディングス代表取締役会長),河合雅司(人口減少対策総合研究所理事長)

京都には、なぜ世界で活躍する「ものづくり」企業が多いのか?

鵜飼秀徳(ジャーナリスト/浄土宗正覚寺副住職)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。

×