ホーム » Voice » 社会・教育 » 北澤里佳 「洋古書に“新しい命”を吹き込みたい」

北澤里佳 「洋古書に“新しい命”を吹き込みたい」



2019年11月11日 公開

北澤里佳(KITAZAWA DISPLAY BOOKS代表)

北澤里佳写真:遠藤宏 取材・文:Voice編集部(中西史也)

※本稿は『Voice』(2019年12月号)「令和の撫子」より抜粋、編集したものです。


神田・神保町にある洋古書専門店「北澤書店」の4代目で、同店舗内にて洋書をインテリアとして提案する「KITAZAWA DISPLAY BOOKS」を展開する北澤里佳さん。

学生のころから古着が好きだった彼女は大学卒業後、大手服飾会社に就職。デザインや服を引き立てる空間装飾を学びながら、VMD(商品の見え方を演出する活動)やアドバイザーとして働き、20代を過ごした。

30歳を目前に自分の仕事を見つめ直そうと思っていた折、久しぶりに顔を出した北澤書店に客の姿はほとんどなかった。

「以前は繁盛している自慢のお店だっただけに衝撃だった。このまま古本文化がなくなるのは絶対嫌だと思った」と北澤さん。

自らの服飾業界での経験を生かし、古書をデザインやインテリアとして活用する試みを開始。

現在は結婚式場やカフェ、個人宅など、場面に応じたデザインのみならず、本の内容まで吟味し、ディスプレイの展示を提案している。

「読むにはとっつきづらい洋古書に、ディスプレイとして『新しい命』を吹き込みたい。見た目に興味をもってから中身を読み、本の魅力に触れることもある」(北澤さん)と、洋古書の可能性について語る。

とはいえ、「出版不況」といわれる昨今、紙の本の未来を北澤さんはどう考えているのか。

「『こうでなくてはいけない』という考えをやめ、時代と共に売る仕組みも変えていくべき。一方で、古本文化継承のために使命感をもって取り組んでいる方も多い。文化を社会全体で支える仕組みも必要だと思う」。

古本の聖地でキラリと輝く装丁美から、出版市場再生の光明を感じた。

 

KITAZAWA DISPLAY BOOKS
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5-3 北沢ビル2F
Tel:03-3263-0011
mail:displaybooks@kitazawa.co.jp



Voice購入

2020年8月

Voice 2020年8月

発売日:2020年07月10日
価格(税込):840円

関連記事

編集部のおすすめ

母の命と引き換えにいまの自分がある

舞書家Chad.

「将棋でつるの剛士さんを倒したい」 乃木坂46・伊藤かりんの次なる目標

Voice編集部
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

21世紀のよりよい社会を実現するための提言誌として、
つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合月刊誌です。