ホーム » Voice » 政治・外交 » 欧州に混乱を巻き起こしたロシアの謀略

欧州に混乱を巻き起こしたロシアの謀略



2019年11月16日 公開

岡部伸(産経新聞論説委員・前ロンドン支局長)

岡部伸(産経新聞論説委員・前ロンドン支局長)

※画像はイメージです。

2016年の国民投票でEUからの離脱を決めながら、いまだに退出のかたちを決められず、混沌が続く英国。その対応を巡って混迷をきわめるEUを高笑いで眺めているだろう人物がいる。14 年のクリミア侵攻以来、欧州各国から制裁を科せられているロシアのプーチン大統領である。

英ガーディアン紙や英タイムズ紙によると、16 年の国民投票でロシアが離脱へと情報操作した疑惑が濃厚とされる。欧州に混乱を巻き起こしたロシアの謀略とは──。

※本稿は、岡部伸著『イギリスの失敗』(PHP新書)より、一部抜粋・編集したものです。

 

架空の偽アカウントによる選挙妨害

英エディンバラ大研究チームの調査結果によると、ロシアのサンクトペテルブルグにあるSNS情報工作拠点「インターネット・リサーチ・エージェンシー(IRA)社」が419 以上の偽アカウントを作成、3500回も離脱を支持する投稿を繰り返した。

アカウントのうち一つは17 年3月、国会議事堂に近いウエストミンスター橋で車が通行人をはねたテロ事件にからみ、反イスラム感情を煽あおった。

また英スウォンジー大学と米カリフォルニア大学バークレー校の研究者の調査では、国民投票前数日間にロシアと関連がある3万以上のアカウントから約4万5000のメッセージが投稿され、ほとんどが離脱投票の呼びかけだった。英メディアは、米大統領選と同様にロシアが自動発信システムの「ボット」と呼ばれるスパムを使用してツイッターで選挙妨害したと報じている。

さらにメイ前首相率いる保守党が過半数を失った17年6月の総選挙でもロシアの介入があった。デイリー・テレグラフ紙によると、SNSを通じて「ボット」によって作られた架空の偽アカウントから、ツイッターでメイ氏を批判したり、労働党を礼賛したりする毎日1000のメッセージが発信され、労働党が急速に支持を広げた。

ロシアの不正介入で、英国はEU離脱を巡る国民投票で社会が分断され、総選挙で惨敗したメイ政権は弱体化した。現在、ジョンソン首相が離脱交渉の指揮をとるが、12月に行なれる総選挙で保守党が敗れるようなことがあれば、労働党への政権交代が起きて、再度の国民投票が実施され、離脱交渉は振り出しに戻るかもしれない。

EUを牽引してきた英仏の不協和音に端を発した欧州の弱体化こそ、ロシアの意図するところだ。米中が新冷戦に突入する中で、ロシアの覇権を取り戻したいプーチン大統領が、欧州の分断を煽っている。欧州の結束が崩れる混乱に乗じて、クリミア侵攻を巡る対露制裁に対する包囲網を突き崩す狙いだろう。



Voice購入

2020年8月

Voice 2020年8月

発売日:2020年07月10日
価格(税込):840円

関連記事

編集部のおすすめ

英国が「日英同盟」復活を急ぐ理由

岡部伸(産経新聞論説委員・前ロンドン支局長)

本当は「残留派」だったジョンソン首相

岡部伸(産経新聞論説委員・前ロンドン支局長)

イギリスのミカサストリートよ、永遠に

岡部伸(産経新聞論説委員・前ロンドン支局長)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

21世紀のよりよい社会を実現するための提言誌として、
つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合月刊誌です。