ホーム » Voice » 社会・教育 » 「『モラル企業』が未来を決める」天才哲学者・マルクスガブリエルの直言

「『モラル企業』が未来を決める」天才哲学者・マルクスガブリエルの直言



2020年02月22日 公開

マルクス・ガブリエル(ドイツ・ボン大学教授)

マルクス・ガブリエル

今、世界中から注目を集める気鋭の哲学者、マルクス・ガブリエル。史上最年少の29歳でボン大学哲学科の正教授に就任した「天才」だ。

彼が日本の読者のために初めて語り下ろした最新刊『世界史の針が巻き戻るとき「新しい実在論」は世界をどう見ているか』(PHP新書)より、内容を抜粋してお届けする。

 

資本主義には悪の潜在性がある

資本主義は労働の役割分担を利用して、「一人の人間が、もう一人が何をしているか知らない」という事実を価値に変換します。

それが資本主義のビジネスです。あなたが何をしているか、相手は知らない。それがあなたのアドバンテージになります。

この人は自分が何をしているか知らないという視点から、あなたはいくら金額を請求することができるか計算します。これが資本主義の「噓」です。

資本主義そのものが不透明なシステムなのです。資本主義に透明性が担保されることはありません。でないと機能しないからです。

だから資本主義そのものは必ずしも悪ではありませんが、資本主義には、「悪」の潜在性があるのです。

それを理由に、多くの民主主義派の理論家が「人を逆の方向に引き込もうとする」と資本主義を批判します。民主主義においては透明性が重視されるからです。でも、そんな批判は必要ありません。

必要なのは、生産状態を左右する資本家に、民主的な思考訓練を受けさせることです。有名な慈善家であるビル・ゲイツやジョージ・ソロスのようなレベルではなく、中間レベルの資本家です。

次のページ
「モラル企業」が22世紀の政治構造を決める >



Voice購入

2021年3月号

Voice 2021年3月号

発売日:2021年02月10日
価格(税込):840円

関連記事

編集部のおすすめ

“哲学界のスター”が語る、日本的仏教とドイツ観念論の決定的違い

マルクス・ガブリエル(ドイツ・ボン大学教授)/取材・構成:大野和基(国際ジャーナリスト)

世界的哲学者マルクス・ガブリエルが指摘する、米中の“同盟関係”

マルクス・ガブリエル(ドイツ・ボン大学教授)/取材・構成:大野和基(国際ジャーナリスト)

“身体は死んでも”人は生きている? イェール大学教授が語る「死の謎」

シェリー・ケーガン(イェール大学哲学教授)、柴田裕之 (訳)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Twitterでシェアする
2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

21世紀のよりよい社会を実現するための提言誌として、
つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合月刊誌です。

×