ホーム » Voice » 社会・教育 » 『パラサイト』『ジョーカー』…アカデミー賞を席巻した名作の共通点とは

『パラサイト』『ジョーカー』…アカデミー賞を席巻した名作の共通点とは



2020年03月19日 公開

伊藤弘了(映画研究者)

ハリウッドの戦略と合致した『パラサイト』の快挙

『ジョーカー』のホアキン・フェニックスは、各地の受賞スピーチで積極的に政治的な意見表明を行なったことでも話題を集めました。

人種差別やマイノリティ差別(昨年のアカデミー賞授賞式では、司会に決定していたケヴィン・ハートが同性愛者に対する過去の差別的発言を掘り起こされて辞退しています。今年の授賞式も昨年に引き続き司会者不在で行なわれました)、女性差別やジェンダーの不均衡(2月24日には#MeToo運動の発端となった映画プロデューサーのハーヴェイ・ワインスタインに有罪評決が下りました)、動物虐待や環境問題などの不正義を厳しく糾弾したのです。

ホアキンの批判は、アカデミー賞のあり方にも向けられていますが、当のアカデミー賞側はその批判を甘んじて受け入れる構えを見せているように思います。

白人男性という自身の多数派としての属性に自覚的なホアキンは、自分たちこそが率先して世界をより良い場所に変えていく責任を負っていると感じているようです。

アカデミー賞はもともとハリウッドの映画人のためにつくられた内輪向けの賞にすぎません。

しかし、映画こそはアメリカ文化の象徴であり、その中心を自負しているハリウッドは、その役割を維持し続けるために、時代に合わせた国際的な賞のあり方を模索しています。

少し意地の悪い言い方をすれば、多様性をアピールすることは、自らの権威を保持したいハリウッドの戦略でもあるわけです。

『パラサイト』の歴史的快挙は、そうしたハリウッドのアピール戦略の方向性と見事に合致するものでした。アカデミー賞の思惑はともあれ、その意義は決して小さくありません。

映画の人種的多様性に新たな門戸を開いた『パラサイト』は、未来の世界映画史で繰り返し記述され続けることでしょう。



Voice購入

2020年10月

Voice 2020年10月

発売日:2020年09月10日
価格(税込):840円

関連記事

編集部のおすすめ

『涼宮ハルヒの憂鬱』に見える、京アニ作品の“こだわり”

伊藤弘了(映画研究者)

『ボヘミアン・ラプソディ』と『意志の勝利』 ロック、ファシズム、アイドルに通ずる意外な共通点

伊藤弘了(映画研究者)

『パラサイト』のアカデミー賞受賞が“歴史的必然”である理由

伊藤弘了(映画研究者)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

21世紀のよりよい社会を実現するための提言誌として、
つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合月刊誌です。

×