ホーム » Voice » 社会・教育 » 「自粛警察」は、他人に配慮しすぎた人たちの成れの果て

「自粛警察」は、他人に配慮しすぎた人たちの成れの果て



2020年07月06日 公開

是永論(立教大学社会学部メディア社会学科教授)

多くの市民が外出自粛に従い閑散とした新宿駅前(是永論)
政府による外出自粛要請に多くの市民が従い閑散とした新宿駅前(写真:PHPオンライン衆知編集部)

コロナ禍において巻き起こった、トイレットペーパーの買い占めや自粛警察の出現。”自粛疲れ”は、ウイルスへの恐怖や環境の変化に対して起きたばかりではない、流れるデマに振り回さること、そして、自分の行動が批判の対象になるかもしれない……恐怖心が国民の疲れを加速させたのだ。

人びとはどうして他人の行動に目を光らせ、あたかも警察のように振る舞ったのか。相互行為論の視点からコロナ禍の人びとの行動を改めて考察する(聞き手:『Voice』編集部)。

※本稿は月刊誌『Voice』2020年7月号、是永論氏の「『想像』を脱し、データの現実活用を」より一部抜粋・編集したものです。   

 

相互行為論からコロナ禍の考える人びとの行動

現在のコロナ禍という状況では、休業や自粛要請下で求められる条件により、人びとの分断が生じやすくなっているといわれる。しかし、そうした分断は、今回の状況により初めてもたらされたものなのだろうか?

ここではその問いについて、筆者の専門とする「相互行為論」を手がかりに考えていく。

「相互行為論」は社会学の一分野で、「他人の立場の取り込み」という視点からコミュニケーションについて研究するものである。相互行為論が展開した1920年代のアメリカは、ちょうど映画というメディアが社会に普及しはじめたころであった。

そこで、「他者の取り込み」に関する研究のひとつとして、社会学者のハーバート・ブルーマーらによって、次のような映画についての証言が集められていた。

「私は、映画を見たあとに、お気に入りの女優になって演じてみました。しばしば、鏡の前に立って、素晴らしいと思う女優たちの上品で優雅な身振りの真似をしたのです」(19歳学生の証言、1933年より)。

簡単にいえば、こうした「身振りの真似」が「他者の取り込み」に相当するもので、専門的には「役割取得」と呼ばれる。

相互行為論では、お互いの立場の交換によって社会が成り立っているという考え方から、言語や身振りが他人の立場を取り込む手がかりになっていることに注目し、実際に人びとがどういった情報を手がかりに役割取得を行なっているかについて研究がなされる。

この証言のような例は、当時の10代に多く見られたこともあり、思春期によくある他愛のない行動にも見える。しかし、この例が研究上重要なのは、映画の登場によって、メディア上の他者の行動が、多くの人に共通して模倣される対象となったことを示しているからである。

さらに、20世紀以降、テレビも含めたメディアによって、身振りという細かい行動のレベルにまでおよぶ模倣が可能になり、直接の人間関係では生じなかったような、特殊な役割取得がなされてきたことを意味する。

このような相互行為論の視点から、最近の日本の状況を考えるにあたり、まず、去る3月に起こったトイレット・ペーパーの買い占め騒動を取り上げてみよう。そこで特徴的だったのは、「紙はマスクの原料なので不足する」という理由が事実無根であり、多くの人はそのウソに気づいていたらしいことだ。

それではなぜ、実際に買い占めが起きたのかといえば、「そんなデマを自分は信じないが、他の人は信じるだろう」と想像し、その人たちに買い占められてしまうならば、先に買ってしまおうと、多くの人が「他人の立場」を取り込んで行動した結果なのであった。

次のページ
「自粛警察」の出現 >



Voice購入

2020年9月

Voice 2020年9月

発売日:2020年08月07日
価格(税込):840円

関連記事

編集部のおすすめ

新型コロナで傷ついた日本経済…回復に必要なのは「検査の拡充」

小黒一正(法政大学経済学部教授)

なぜ自衛隊員にコロナ感染者が発生しなかったのか? 統合幕僚長が語るその“勝因”

山崎幸二(第六代統合幕僚長)

「誰のための自粛か」在欧ジャーナリストが指摘する、欧米と日本の考え方の違い

宮下洋一(ジャーナリスト)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

アクセスランキング

  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

21世紀のよりよい社会を実現するための提言誌として、
つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合月刊誌です。