ホーム » Voice » 政治・外交 » 「それでも中国への抵抗をやめない」欅坂46の歌が語りかける“香港人の信念”

「それでも中国への抵抗をやめない」欅坂46の歌が語りかける“香港人の信念”



2020年09月20日 公開

小川善照(ジャーナリスト)

中国が香港への圧力をさらに強めている。現状は?
(撮影:中村康伸)

ジャーナリストの小川善照氏は自著『香港デモ戦記』にて、雨傘運動から昨年の香港デモの参加者たちの生の声を集め、2020年春までの香港デモの様子を克明に描き出している。

2020年6月30日に中国による香港国家安全維持法が施行され、中国当局による香港への圧力はさらに強まり世界からの批判を集めているが、それでも香港人による中国への抵抗の姿勢は揺らいでいないのか? 小川氏が「その後」を伝える。

※本稿は月刊誌『Voice』10月号に掲載されたものを一部抜粋・編集したものです。

 

香港は「死んだ」のか

昨年から行なわれている一連のデモは「香港の時計の針を27年早くしただけ」(一国二制度の終焉、2047年の到来を早めただけ)という、デモのやり方に対しての批判がある。

だが、そうした批判は香港では「事後諸葛亮」と言われている。後知恵での批判だと言うのだ。昨年のデモに後悔はないか、熱心な参加者だった男性に聞いてみた。

「私と仲間はそんな後悔はしていない。後悔しているのは、あのとき、もっとこんなことができたのではないか、という話だけだ。それに、まだ終わったわけではない。また、始めればいいだけだ。雨傘運動が終わって、私たちは4年待った。また、しばらく次のチャンスを待つだけだ」

雨傘運動でも活動していたという現在30代の男性はそう断言した。

「私は、これまでのような積極的な抵抗はできませんが、できうる限りの抵抗は続けます。私はいまも、黄色い店(民主派支持を表明している店)でしか外食しません。大陸系の銀行なども利用しません。

消極的な抵抗かもしれませんが、黄色経済圏(民主派支持の店などで経済を回すこと)をずっと続けます」

彼はほかに、コロナ対策の政府による無料のPCR検査を拒否しているという。DNA情報を警察に提出されると言われているからだ。

「香港政府は、もうまったく信用ができないのです」

次のページ
抑圧者の思想を飛び越える「香港人の信念」 >



Voice購入

2020年11月号

Voice 2020年11月号

発売日:2020年10月10日
価格(税込):840円

関連記事

編集部のおすすめ

完全に行き詰まった中国経済…世界から敵視される“不法と無法な行動”

日高義樹(ハドソン研究所首席研究員)

「拘束4時間」ウイグル人と誤認された日本人 中国は何を怖れているのか?

福島香織(ジャーナリスト)

天安門事件、新型コロナ、香港デモ…騒動の裏で進む「中国共産党のメディア支配」

加藤青延(NHK専門解説員・武蔵野大学教授)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

21世紀のよりよい社会を実現するための提言誌として、
つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合月刊誌です。

×