ホーム » Voice » 社会・教育 » “国語の神様”が乃木坂46・鈴木絢音に伝授した「文章を書くコツ」

“国語の神様”が乃木坂46・鈴木絢音に伝授した「文章を書くコツ」



2020年12月13日 公開

金田一秀穂(杏林大学教授)&鈴木絢音(乃木坂46)

金田一秀穂&鈴木絢音
写真:吉田和本

鈴木絢音さんは乃木坂46屈指の読書家であるが、自身は“読む専”で、文章を書くことは苦手だという。学生であれビジネスパーソンであれ、書くことは誰しも求められる。その際、何に気をつければいいのか。書く極意について、「国語の神様」と呼ばれる言語学者の金田一秀穂教授に鈴木さんが聞く。

※本稿は『Voice』2021年1⽉号より⼀部抜粋・編集したものです。

 

書くことは自分の思考を客観的に捉え直す作業

【金田一】鈴木さんはよく本を読まれるとのことですが、「書く」ことはお好きですか?

【鈴木】じつは苦手なんです。私は普段から“読む専”なので……(笑)。ブログやSNSは定期的に投稿していますが、書くたびに、自分の考えをわかりやすく伝えるのは難しいことだなと実感しているところです。

【金田一】私が教えている大学生のなかにも、「書くのが苦手」と話す子は少なくありません。でも、とくに最初のうちは、うまく伝えることにそこまでこだわらなくていいと思う。

私が考えるに、書くこととは、自分の思考を客観的に捉え直すための作業です。たとえば、秋元さんが歌詞を書く際も、書き進めているうちに閃いた言葉を紡いでいることだってあるはずです。鈴木さんも最初から畏まらずに、まずは心にある言葉を気軽に外に出してみることが第一歩ではないでしょうか。

【鈴木】なるほど、まずは手を動かしてみる、ということですね。これまではたしかに、頭のなかでいろいろと考えてから文字を打っていました。まずは日ごろから投稿しているブログで、お仕事の報告など事務的な内容だけではなく、「自分の気持ち」を発信することから始めてみます。

次のページ
「飾っていない文章」とは何か >



Voice購入

2021年5月号

Voice 2021年5月号

発売日:2021年04月09日
価格(税込):840円

関連記事

編集部のおすすめ

「本が私と家族をつないでくれた」 乃木坂46きっての読書家・鈴木絢音が語る、本の魅力

鈴木絢音(乃木坂46)

長濱ねる「本と向き合うことで"素の自分"を取り戻せます」

長濱ねる

「文章が上手くて早い人」が選ぶ書き出しは“たったの2種類”

はやみねかおる(児童書作家)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Twitterでシェアする
2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

21世紀のよりよい社会を実現するための提言誌として、
つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合月刊誌です。

×