ホーム » Voice » 社会・教育 » 「漫才適齢期は40代まで」と語ったオール巨人が舞台に立ち続ける理由

「漫才適齢期は40代まで」と語ったオール巨人が舞台に立ち続ける理由



2021年02月11日 公開

オール巨人(漫才師)

 

「今年の紅白歌合戦への出場も狙っています(笑)」

――巨人師匠は歌手活動もされており、今年2月10日にはニューシングル「夢浪漫」が発売しました。

【巨人】この歳で声も出にくいから、家でたくさん練習しました。もう曲を出せるのは最後くらいの思いで歌っています。カップリングには、この前(2020年12月20日)亡くなった中村泰士先生が作詞・作曲してくださった楽曲「Last my way」も収録しています。

これはじつは中村先生自身を書いた曲やと思っていて、「巨人に歌わせよう」と託してくださったんちゃうかな。だから大事に歌わなあかんな、と身が引き締まる思いです。プロの歌手に失礼かもしれませんけど、今年の紅白歌合戦への出場も狙っていますよ(笑)。

 



Voice購入

2021年5月号

Voice 2021年5月号

発売日:2021年04月09日
価格(税込):840円

関連記事

編集部のおすすめ

「自分のすべてをさらけだした」ジャルジャル福徳秀介がデビュー小説に懸けた“覚悟”

福徳秀介(お笑いコンビ「ジャルジャル」)

50代で「腐っていく人」「花開く人」の決定的な違い

出口治明(立命館アジア太平洋大学 APU学長)

40代で「大きな結果を出す人」と「終わる人」を分ける“時間の使い方”

佐々木常夫(元東レ経営研究所社長)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Twitterでシェアする
2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

21世紀のよりよい社会を実現するための提言誌として、
つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合月刊誌です。

×