PHPオンライン衆知 » Voice » 社会・教育 » 人間が労働から解放される日は来るか? アメリカのミレニアル世代が支持する「左派加速主義」

人間が労働から解放される日は来るか? アメリカのミレニアル世代が支持する「左派加速主義」

2022年01月21日 公開

岡本裕一朗(玉川大学文学部名誉教授)

岡本裕一朗

AIや最新テクノロジーは人の仕事を奪うかもしれない――しかし、それを新たな社会をつくるチャンスと捉えようとする思想が、アメリカのミレニアル世代から生まれてきた。彼らがめざす「素晴らしい新世界」は実現可能なのか?

※本稿は、岡本裕一朗著『アメリカ現代思想の教室』(PHP新書)を一部抜粋・編集したものです。

 

スルニチェクとウィリアムズの加速主義

10年ほど前までは、資本主義に代わるようなオルタナティブは、ほとんど想定されなかった。2008年にアメリカで金融大崩壊が発生し、社会システムを変えるには最も適したその時期に、左翼の大物であるジジェクは「実行可能である代案が示せない」と告白していた。この2008年に示せなかったら、もう永久に示せないのではないか、と思われたのである。

ところが、最近になって「資本主義以後」が少しずつ描かれるようになった。ポール・メイソン(1960―)が2015年に『ポストキャピタリズム――資本主義以後の世界』を出版し、さらにもっと若い世代のニック・スルニチェク(1982年生まれ)とアレックス・ウィリアムズ(1981年生まれ)が力強い発信を行なっている。彼ら自身がミレニアル世代であるが、2013年に「ポスト資本主義」への展望をウェブ上で発表し、若い世代から支持されたのだ。今回はこの二人の思想について取り上げたい。

二人がウェブ上で発表したタイトルは、「#加速せよ:加速主義派政治宣言(#ACCELERATE MANIFESTO for an Accelerationist Politics)」であるが、今ではさまざまな言語に翻訳されている。この宣言について、注目しておきたいのは、「加速主義」という思想である。

これは、21世紀になって特定の立場として姿を現すようになった思想で、もともとは「暗黒の啓蒙のニック・ランドに由来している。ただ、ランドの場合は、「オルタナ右翼」と結びついたが、それとは違った方向へ加速主義を進めようとしたのが、スルニチェクとウィリアムズである。一般的には、彼らを「左派加速主義」と呼ぶことがある。

やや分かりにくい思想なので、「加速主義」についてかんたんに説明しておくと、次のように表現されている。

------------------
資本主義に対する唯一のラディカルな応答は、それに抵抗することでも、それを中断することでも、批判することでもない。(……)むしろ、資本主義の根を奪い、疎外し、脱コード化する抽象的な諸傾向を加速することである。

(ロビン・マッカイ/アルメン・アヴァネシアン『加速主義読本』)
------------------

ポイントとなるのは、資本主義に反対してその動きを中断させるのではなく、資本主義をドンドン進め、加速して、その先にそれを突き抜けていくことだ。

同じ加速主義といっても、ランドの場合は、超え出るのは「近代デモクラシー」であり、その先は「反―近代デモクラシー」だった。それに対して、スルニチェクとウィリアムズが出て行く先は、「ポスト資本主義」である。そこで、次のように語られることになる。

------------------
ネオ・リベラリズムの形態をとった資本主義が自認するイデオロギーとは、創造的破壊の諸力を解き放つことを通じて、技術的・社会的革新を絶えず自由に加速させていくことなのである。

(スルニチェク、ウィリアムズ「加速主義派政治宣言」)
------------------

ここで注意しておきたいのは、加速主義では、資本主義で進化するテクノロジーを全面的に活用することである。「ウォール街を占拠せよ」といった左翼の「素朴政治」を批判しながら、次のように強調される。

------------------
左翼は資本主義社会によって可能になったあらゆるテクノロジー的、科学的な成果を利用しなければならない。(同宣言)
------------------

左派加速主義の主張は、資本主義のテクノロジーを思う存分活用することによって、資本主義の外、つまりポスト資本主義へ突き抜けていこう、というわけである。たしかに面白い発想ではあるが、具体的にどう考えればいいのだろうか。それを理解するには、彼らが著作として出版した『未来を発明する(“Inventing the Future” )』を確認する必要がある。

次のページ
未来を創造する >

Voice購入

2022年6月号

Voice 2022年6月号

発売日:2022年05月06日
価格(税込):840円

関連記事

編集部のおすすめ

トランプはファシストなのか、米国の分断を生んだ“本当の要因”

村田晃嗣(同志社大学法学部教授)

増加するヘイトクライム、日本人が「名誉白人」意識を超えるべき理由

三牧聖子(高崎経済大学経済学部国際学科准教授)

加速する“左傾化”…アメリカで起こる新しい「階級闘争」

渡辺惣樹(日米近現代史研究家)

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Twitterでシェアする
ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク

21世紀のよりよい社会を実現するための提言誌として、
つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合月刊誌です。

×